これまでを振り返っての感謝

彼らはエルサレムの城壁の奉献式のときに、レビ人を、彼らのいるすべての所から捜し出してエルサレムに来させ、シンバルと十弦の琴と立琴に合わせて、感謝の歌を歌いながら喜んで、奉献式を行なおうとした。
ネヘミヤ12:27

城壁が完成しました。6:15には52日かかったことが記されています。完成までの間、様々な妨害があり、工事は困難を極めたことが記されていました。前回も触れましたが、ネヘミヤはいつも神様に祈り、導きを仰ぐ人でしたので、事あるごとに神様に祈り、知恵を頂いて対処してきました。全てのことを神様がしっかりと導き守って下さったので、城壁は完成しました。城壁が完成すると、イスラエルの民は、城壁の奉献式を行いました。その様子は、工事の様子を記した記事と負けないくらいのボリュームがあります。城壁の完成に際して、イスラエルの民が様々な感情を抱いたことが8:9-10などにも記されています。城壁が完成して律法の朗読がされている時、イスラエルの民は泣いていたことが記されています。それは苦しかった事の涙でもあり、それが終わってほっとした涙でもあり、捕囚の苦しみを思い出しての涙でもあり、解放された喜びの涙でもあります。

12:37には、この城壁の奉献式の時に、聖歌隊が賛美しながら完成した城壁をぐるっと一回りした様子が描かれています。谷の門という場所から、城壁を右回りしていくグループと、左回りしていくグループがありました。それぞれのグループは城壁を半周ずつして、ちょうど神殿の前で合流しました。そして全員で神殿に入っていったことです。城壁を1周しているのですから、町を1周したことになります。町中挙げてのパレードだったという事です。神様に感謝し、ほめたたえながら賛美をして行進しました。

このパレードは、神様への感謝のパレードでした。城壁の工事は様々な困難に見舞われました。それらは人間の知恵ではとても手に負えないものでした。神様が助けてくださったからこそ、城壁は完成されたのです。改めて行進して城壁を見渡す時に、それらの困難も思い返されたことでしょう。困難の最中には、もう城壁は完成できないのではないか?と思ったことは何度もあったと思いますが、しかし今はこうして城壁はしっかりと建っています。それらの道のりを思い返す時に、城壁の再建は人間業ではなかったことを、イスラエルは改めて思い返しました。だからこそ、イスラエルの民は心から神様に感謝し、神様の大きな御力をほめたたえることができました。

私たちも、城壁を1周ではないですが、時折、自分の歩んできた道を振り返るといいと思います。その時、思い返されるのは、「ここまで主が私たちを助けてくださった(Iサムエル7:12)」だと思います。そのような時、私たちは心から神様に感謝することができます。また神様の偉大な力を改めて知ることができ、明日の一歩を神様と共に踏み出す勇気を与えられると思います。神様は生きて働いておられ、私たちの歩みを着実に進めて下さっています。その神様に感謝し、次の一歩を踏み出す勇気を頂きたいと思います。これから祈る一つ一つの祈りの課題にも、ここまで私たちを導いて下さった神様の大きな力によって、導いて頂けるようにお祈りしたいと思います。

*インマヌエル中目黒教会のホームページにある地図を参考にすると、奉献式の聖歌隊の行進の様子がよく分かります。

→聖歌隊の行進(インマヌエル中目黒教会ホームページ)

 

お祈りの課題

  • 昭島教会に集う方々、ご家族のために
  • 8-9月に新しく来られた方々、久しぶりに来られた方々のために
  • 聖餐礼拝、役員会、大掃除のために
  • 女性リトリート、JHA関東聖化大会のために
  • 川越教会のために