弱さのうちに働くキリストを誇る

しかし主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである」と言われました。ですから私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。
IIコリント12:9

 

パウロは手紙の後半で自分の使徒としての召命について語っています。パウロの時代、宣教活動を行っていたのはパウロだけではありません。他の宣教師・伝道師たちもたくさん活動をしていました。中でもイエス様の地上生涯を目の当たりにしていた12弟子たちも多くの働きをしていました。コリント教会にもたくさんの使徒、伝道師たちが来たことでしょう。私たち人間は、人の外見や、肩書でその人となりを判断しやすいものです。パウロは12弟子と比べたら、イエス様の地上生涯を目撃した人ではありませんし、一度はイエス様に従う者たちを迫害した人です。そのような経緯を見ると、パウロが使徒として本当に相応しいのか疑問に思う人も多かった事でしょう。パウロは多くの場所で自分がイエス・キリストを主として信じていること、そのイエス・キリストから使徒として召されていることを説明しなければなりませんでした。そしてイエス様に従うものを迫害していた経緯からすると、その道は相手に赦されるまで謝罪し続けるという、とても大変な道でした。

パウロは、自分の使徒職について多くの手紙で弁明していますが、自分がどれだけ弱い人間であるかを強調することが多いです。それは過去の過ちに対する大きな反省から来るものであったことは確かです。パウロはイエス様に従う人たちを迫害する前から聖書に精通した学者でした。もしかしたら12弟子たちよりも聖書に精通してたかもしれません。自分の得意なこと、強味を強調することで、自分の適性を示すこともできますが、パウロはしませんでした。というのはパウロが人々に伝えているのは自分が獲得した知識ではなく、キリストの救いだったからです。パウロが自分の経験を通してキリストの救いを語ろうとすると、自分の過去の過ちを語らないわけにはいきません。キリストの救いがどのくらい素晴らしいものであるかを語ろうとすればするほど、パウロは自分がどれだけ弱い人間であるかを示すことになります。それはパウロに限ったことではありません。私たちは強い人間だから神様に救われたのではありません。もし本当に強い人間だったら救われる必要を感じないはずです。私たちは弱いからこそ、神様の救いを必要とします。神様は私たちの弱さのうちに働かれるのです。

私たちは自分の弱さが他の人の前にさらされるのを恐れます。しかしパウロはその恐れすらも神様に委ねました。そして弱さを人前に出すことにしたのです。むしろ誇ることにしたのです。それによって自分の知識や強さではなく、キリストを示すことができるからです。パウロは自分が使徒であることを示すために弁明をします。自分がいかに至らない人間であるか、むしろキリストの敵であったかを示すこと、そしてどのようにしてそこからキリストがパウロを捕えて下さったかを示すことで、自分がキリストを宣べ伝えるものであるかを示しているのです。パウロが自分の弱さを誇りますと言う時、その実パウロはキリストの力を誇っているのです。私たちは自分の弱さに希望を持つことはできません。しかしそこから救いだして下さったキリストに希望を置くことができます。自分の弱さを認め、キリストの力を仰ぎたいと思います。

お祈りの課題

  • 昭島教会に集う方々、ご家族のために
  • 最近、初めて来られた方々、久しぶりに来られた方々のために
  • 特別礼拝、聖餐礼拝、大掃除のために
  • 高木師結婚式、青年運動会のために
  • 桜ヶ丘教会のために

神のみこころに添った悲しみ

しかし、気落ちした者を慰めてくださる神は、テトスが来たことで私たちを慰めてくださいました。
IIコリント7:6

 

IIコリント7章を開きました。パウロとコリント教会の間では、何度か手紙のやり取りがありました。聖書にもIコリント、IIコリントと2通の手紙が納められています。特にIコリントは厳しい語り口の手紙になっています。コリント教会の問題課題に対してパウロが厳しい口調でアドバイスをしています。IIコリント7:8には「あの手紙」と書かれていて、パウロ本人もとても厳しい内容の手紙を送ったと認識している言葉があります。「あの手紙」というのがIコリントの手紙のことなのかどうかは、定かではありません。しかし厳しい内容、コリント教会の人々を悲しませる内容の手紙を送ったことは事実です。それは手紙を読んだコリント教会の人々が悲しんで悔い改めることが目的でした。

IIコリント7:9-11には、神様の導きによる叱責、そしてそこから生まれる悲しみがあることを物語っています。キリストを信じる信仰においても、特に重要な事に関して、妥協してはいけない面もあるという事です。キリストの十字架と復活について、偶像礼拝について、教会内での分裂について、パウロはこれらの問題について、聖書とキリストのことばに基づいて諭しました。キリストの愛と赦しの業こそが私たちにとって全てであることを語りました。パウロがコリント教会の人々に対して厳しく接したのは、ただコリントの人々を非難したいから、論破したいからではありません。また自分の知恵の方が優れていることを示そうとしたのでもありません。ただキリストを信じて従って生きて欲しいと願ったからでした。それらの言葉を通してコリントの人々は大きな悲しみを味わいました。また少なからずパウロに対して嫌悪感を抱いた人もいるでしょう。しかし神様はそのような害から守って下さったことも書かれています。

7:9には「あなたがたは神のみこころに添って悲しんだので、私たちから何の害も受けなかったのです。」と書かれています。神様の目的はずべての人が神様と共に歩むようになることです。その時、パウロとコリントの人々がお互いに嫌悪感を抱きながら、仲良くなれずにいることを望んでいません。すべての人が神様と共に歩むと言った時、それは全ての人が手を取りあって、神様と共に歩むことを意味しています。ですから神様はパウロとコリントの人々が手を取りあえるようにして下さっています。エペソ2:14にあるように「キリストは私たち二つのものを一つにし、ご自分の肉において、隔ての壁である敵意を」打ち壊すことができるお方です。IIコリントにはこの時、テトスが手紙を届けたことが記されています。テトスはパウロから厳しい内容の手紙を託されました。テトスは少し厳しすぎるのではないか、これではコリントの教会の人々が立ち直れなくなってしまうのではないかと感じたのかもしれません。しかしパウロは神様の導きを信じ、コリントの人々を信じていました。ですから7:14でパウロはテトスにコリントの人々のことを「少しばかり誇りました」と書いています。結果としてコリントの人々は熱心に悔い改め、パウロとも良い関係を続けることができるようになりました。パウロはコリントの教会の人々と再び共にキリストを見上げながら歩めることを喜んでいます。

お祈りの課題

  • 昭島教会に集う方々、ご家族のために
  • 7-8月に新しく来られた方々、久しぶりに来られた方々のために
  • 特別礼拝、聖餐礼拝、大掃除のために
  • 青年運動会のために
  • 小金井教会のために

愛を持って勧め合う

私は大きな苦しみと心の嘆きから、涙ながらにあなたがたに手紙を書きました。それは、あなたがたを悲しませるためではなく、私があなたがたに対して抱いている、あふれるばかりの愛を、あなたがたに知ってもらうためでした。IIコリント2:4

コリント人への手紙に入りました。コリント人への手紙を書いたのはパウロです。パウロは第2回目の伝道旅行、使徒の働き18章でコリントに伝道に行きました。そこで多くの人々が信じてバプテスマを受け、教会が建設されたことが記されています。その後、パウロはコリントを離れ、一度エルサレムに戻り、第3回目の伝道旅行に出発します。パウロは3回目の伝道旅行でエペソに行き約2年3ヶ月そこで活動します(使徒19:8, 10参照)。この時にコリント人への手紙第一、第二は執筆されたと考えられています。聖書に収められている手紙は2通だけですが、内容から察すると、パウロは他にもコリントへ手紙を送っていて、訪問もしているようです。今日はIIコリント2章を開きました。

コリント人への手紙は、パウロの手紙の中でも特に厳しい口調で書かれた手紙です。できたばかりのコリント教会は様々な問題に直面しました。それに対処するためにパウロは多少厳しい口調の手紙を送ったようです。コリント教会が直面した問題は、偶像崇拝や、イエス様についての異なった教え、復活の否定等、キリスト教の信仰を根底から覆すような問題であったため、パウロも厳しく対処せざるをえませんでした。私たちはたとえ同じ教会に集い、同じ礼拝に出席していたとしても、みんな同じ考え方をしているわけではありません。賜物が違うように、一人ひとり少しずつ違った考え方をして生きています。それは私たちがそれぞれ異なった環境で育ってきたことから生じているものです。中には自分ではちゃんとした聖書価値観だと思っていても、他の人から見れば聖書的ではないと映る可能性があります。パウロは何が聖書的で、何が聖書的でないか、根本部分をそれぞれ見直すように手紙に書いています。特に重要な偶像崇拝や異なった教え、復活の否定などは、イエス様の救いそのものを否定してしまうことになるので、厳しく対処せざるを得ませんでした。

しかしパウロの目的はコリント教会をつぶしてしまうことではなく、悔い改めて立ち直ってもらうことでした。神様は私たち一人ひとりを愛しています。だからこそイエス様の救いを備えてくださいました。有名な御言葉ですが「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである(ヨハネ3:16)。」とある通りです。パウロも神様の愛によって救われた一人です。神様の豊かな愛を体験した人です。ですからパウロは神様がどんな人をも、コリントの教会の一人ひとりをも、愛しておられることをよく分かっています。パウロは神様と同じように自分もコリントの一人ひとりを愛そうとしていました。一人ひとりを論破して打ち倒すためではなく、真のキリスト信仰に立ち返ってほしいと願ったのです。この後、パウロとコリントの教会がどういう関係になったのか、想像することしかできません。しかし双方が涙ながらに和解したのではないかという事はIIコリントを読むと想像できます。私たちがキリストへの信仰を堅持することは大切なことです。しかし一人で堅持することを神様は望んでおられません。神様は私たちがみんなで互いに励まし合い、ときには勧め合い、涙のうちに和解することを求めておられます。その全ての過程において、神様と同じ愛を持って接していくことが重要です。

お祈りの課題

  • 昭島教会に集う方々、ご家族のために
  • 7-8月に初めて来られた方々、久しぶりに来られた方々のために
  • 特別礼拝、聖餐礼拝のために
  • みずほ台教会のために