恵みに驚き、祝福を祈る

幸いなことよ このようになる民は。幸いなことよ 主を自らの神とする民は。
詩篇144:15

詩篇144篇は、表題にダビデによると書いてあります。ダビデが神様の恵みに深く感動して賛美し、神様からの祝福を祈っているような詩篇になっています。詩篇144:3は、詩篇8:4の言葉「人とは何ものなのでしょう。あなたが心に留められるとは。人の子とはいったい何ものなのでしょう。あなたが顧みてくださるとは。」と、とても良く似ています。これらの詩篇の言葉は、神様からの恵みを受けた人の素直な反応ではないかと思います。恵みとは、人の行いや思いとは全く因果関係なく、神様から思いがけずに頂くものです。ですから恵みを頂いた人はただ驚きの声をあげるのです。

IIサムエル7章には、同じように神様からの恵みにダビデが驚いて感謝しているお話があります。この時ダビデはイスラエルの王として立てられ、エルサレムの王宮に住み始めたばかりの頃でした。自分の家から外を眺めると、王宮はとても立派なのですが、神様を礼拝するための幕屋は昔からのままで、移動式のテントでした。まだエルサレム神殿ができる前だからです。ダビデはそれを見て、自分がこんな立派な家に住んでいるのに、神様をテント生活のままにするわけにはいかない。神様のために王宮よりも立派な神殿を建てようと言います。すると、神様は預言者ナタンを遣わしてダビデに言います。あなたは私のために家を建てる必要はない。「主があなたのために一つの家を造る(IIサムエル7:11)」神様はダビデに自分の神殿を建ててもらう必要はない。それどころか、神様がダビデのために家を建てよう。と仰います。神様がダビデのために建てる家とはイスラエル王国のことです。ダビデの後の王様の代になっても、神様が共にイスラエル王国と共におられ、しっかりと導いて下さると約束されたのです。ダビデは、自分が神様のために働こうと思ったのに、逆に神様がダビデのために大きな恵みを施すと言われたので、驚きました。そして「神、主よ、私は何者でしょうか。私の家はいったい何なのでしょうか。あなたが私をここまで導いてくださったとは(IIサムエル7:18)」と言います。詩篇144:15や、詩篇8:4の言葉とも似ています。神様からの恵みを受け取った時、私たちは驚くと思います。それは私たちの思いや行動とは関係なく、神様のご意志によって与えられるものだからです。そしてただ神様に感謝を捧げます。

ダビデは神様からの思いがけない恵みを受けた後、神様がこのように仰って下さったので、ある祈りと祈る勇気を得たと言っています(IIサムエル7:27-29)。それは自分の家神様の前に差し出して、あなたの導きの通りにして下さい。「あなたの祝福によって、あなたのしもべの家がとこしえに祝福されますように(IIサムエル7:29)」と祈っています。「あなたの祝福によって」という言葉がダビデの信仰を表しています。ダビデの思いに沿ってではなく、ダビデの行いに応じてでもなく、ただ神様の思いによって、導き、祝してくださいと祈っているのです。神様の恵みはこちらから求めたから必ず頂けるというものではなく、すべては神様のご意志によります。その神様のご意志がとてもあわれみ深く、愛に溢れたものであると分かったので、後はすべて神様にお委ねしますとダビデは祈っているのです。すべてを神様の良いと思われる方向へ導いて下さいという祈りです。私たちも私たち、そして周りの方々のために、主のご意志による主の祝福を祈るものとさせて頂きたいと思います。

お祈りの課題

  • 昭島教会に集う方々、ご家族のために
  • 最近、初めて来られた方々、久しぶりに来られた方々のために
  • キャンドルサービス、クリスマス礼拝・愛餐会・祝会のために
  • 宣教地のために
  • 桜ヶ丘教会のために