神様の霊によって

彼は私にこう答えた。「これは、ゼルバベルへの主のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって』と万軍の主は言われる。
ゼカリヤ4:6

ゼカリヤ書を開きました。ゼカリヤ書は小預言書の中ではボリュームの多い14章構成になっています。預言者ゼカリヤが神様から受けた幻と言葉を書き記したものです。ゼカリヤが神様からメッセージを受け取ったのは、ハガイと同時期でした。ゼカリヤ書のところどころに、ダレイオス王の時代であることが記されています。イスラエルの人々は捕囚先のバビロニアからエルサレムへ帰ってきました。そこで町と神殿の再建を始めます。その時、イスラエル人たちの指導者的存在だったのが、王の血を引くゼルバベルと祭司ヨシュアです。しかし神殿再建は周辺諸国からの妨害があり、途中で中断してしまいました。そんなイスラエルの人々を励ますために、神様はハガイとゼカリヤを遣わされました。

ゼカリヤ4章には、神様がゼカリヤに見せた幻が記されています。2本のオリーブの木の間に金の燭台が置かれています。2本のオリーブの木からは油が流れて来ていて、一度鉢に集められ、鉢から管によって燭台の七つのともしびに注がれています。2本のオリーブの木から絶えず油が供給されているので、燭台のともしびは消えることがありません。この七つのともしびをもった燭台は、イスラエル人たちには馴染み深いものでした。この形の燭台は、現在のイスラエルの大統領の旗にもデザインされています。この燭台は幕屋と神殿の聖所に置かれていた燭台でした。神様がゼカリヤを通してイスラエルの人々に語りかけた目的の一つは、神殿再建を励ますことです。神様は燭台の幻をゼカリヤに見せることで、神殿再建を励まそうとしています。

この燭台には2本のオリーブの木から油が絶えず供給されていました。そして神様は仰います。「権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって」聖書において油は、神様の霊を、聖霊を象徴することが多いです。イスラエルでは王を選ぶ時、頭に油を注ぎます。これは神様の霊が王に豊かに注がれるようにということを象徴しています。ゼカリヤが見た燭台は、油が注がれ続けていて、それによってともしびが燃え続けていました。神様は今回の神殿再建も、人の力によるのではなく、神様の霊が注がれることで、なされる御業であることを教えています。「権力によらず、能力によらず」と神様は仰っています。ヘブル語ではどちらも「力」を表す言葉です。人間的なすべての力によらず、神様の霊によって成し遂げられるのです。

聖所における燭台の光は、神様の希望の光を象徴しています。聖所には窓もなく、あかりもこの燭台の灯りのみでした。ですから暗闇を照らすことができるのは、この燭台の灯りだけです。その灯りは神様の啓示、英知、計画を意味していて、神様にこそ人々の希望があることを示しています。ゼカリヤ書には再建されたエルサレムの都に王がやってこられるという、救い主の到来の預言も記されています(9:9)。この預言は、イエス様がエルサレムの町に入られる時に成就しました。この燭台は救い主という希望の光を、全世界に輝かせる燭台でもあります。権力によらず、能力によらず、神様の霊によって光を放つ燭台が、神様の霊によって来られる救い主を知らせるのです。すべての希望は神様の内にあることを感謝します。

お祈りの課題

  • 昭島教会に集う方々、ご家族のために
  • 最近、初めて来られた方々、久しぶりに来られた方々のために
  • 宣教地のために
  • 新しい年の導きのために
  • 川越教会のために