救い主であるイエス様

イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」シモン・ペテロが答えた。「あなたは生ける神の子キリストです。」すると、イエスは彼に答えられた。「バルヨナ・シモン、あなたは幸いです。このことをあなたに明らかにしたのは血肉ではなく、天におられるわたしの父です。
マタイ16:15-17

マタイの福音書を開きました。12弟子とイエス様が行動を共にするようになってしばらく経ちました。イエス様は様々な神様として奇跡を行われ、神様の御国のことを宣べ伝えていました。ある時、イエス様は弟子たちに、人々はイエス様のことを何と言っていますか?と質問します。弟子たちは答えます。バプテスマのヨハネだと言う人もいれば、エリヤ、あるいは他の預言者の一人だと言う人もいます。イエス様は続けて質問されました。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」するとペテロは答えました。「あなたは生ける神の子キリストです。」ペテロは、イエス様が神様の独り子であり、昔から預言されてきた救い主キリストであると答えたのです。ペテロの答えは人々の答えよりも正確にイエス様のことを言い表していました。まさにイエス様は人々を救うために来られた神様なのです。姿かたちは私たちと変わらない人間でしたが、神様なのです。

イエス様はペテロに言います。「バルヨナ・シモン、あなたは幸いです。このことをあなたに明らかにしたのは血肉ではなく、天におられるわたしの父です。」ペテロにイエス様が生ける神の子キリストであることを示したのは、神様ですとイエス様は仰いました。神様がペテロに教えられたので、ペテロはイエス様が誰であるか知る事ができました。当時、たくさんの人がイエス様と出会いました。しかし、ペテロのようにイエス様が救い主であると告白できなかった人もいました。誰も神様の霊によらずにイエス様のことをキリストと告白することは出来ません。逆に神様は、真実に神様を求め、救い主を待ち望んでいる人には、イエス様がどんな格好をしていても、キリストであると示してくださいます。ですから私たちがすべきことは一つに絞られます。いつも心からイエス様を求め続けることです。

ペテロはこのようにイエス様が生ける神の子キリストであると告白して後、今度はイエス様を否定してしまいます。イエス様は続けてこれからご自分が十字架に架けられて殺され、三日目によみがえるということを弟子たちに話されました。これを聞いたペテロは、「そんなことがあなたに起こるはずがありません。」とイエス様をいさめ始めます。人々はキリストに対して、多くの期待をしていました。自分たちをどのように救って下さるのか深い関心を持っていました。それがいつしか自分の願望と重なって、自分の期待に応えてくれる救い主像を心の中に描いていました。ペテロにも自分の思い描く救い主像があったのでしょう。しかしそれは神様の思いとは異なっています。イエス様はペテロの仰います。「あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」私たちが救い主を待ち望み、期待することは間違ってはいません。しかし救い主は私ではないということを覚えておく必要があります。救い主は神様です。神様の御計画が成されるべきで、私の願望に沿うべきではありません。そして神様の御計画の方が私の願望よりはるかに優れています。私の願望ではなく、神様の救いが達成されるようにいつも期待し、祈りたいと思います。

お祈りの課題

  • 昭島教会に集う方々、ご家族のために
  • 最近、初めて来られた方々、久しぶりに来られた方々のために
  • スマイル合唱団、交換講壇礼拝(須郷裕介師)、CGNTV撮影、聖餐礼拝のために
  • みずほ台教会のために