日本キリスト教団 仙台松陵教会

3月説教予定

5日(日)
  「誘惑に勝つみ言葉」
   マタイ4:1〜11
12日(日)
  「神の国は来ている!」
   マタイ12:22〜32
19日(日)
   「十字架を背負って」
     マタイ16:21〜28  
26日(日)
   「あなたも変えられる」
   マタイ17:1〜13


   【講壇の花170212】

      【講壇の花170219】

     【講壇の花170226】
 

最新情報

*講談社判「世界美術大系」全24巻をプレゼント!
 遺品整理のため、希望者に上掲の美術全巻を差し上げます。
 古いものですが、箱付きで保存されています。
 美術専攻の学生さんや関係者にとっては貴重な資料になるかと思います。
 →現在「ロシア」以外23巻あります。
   問い合わせは、下記にお願いします。
   教会:022−375−7510
  
 *仙台松陵教会・コンサート・・・2月26日(日)14時
 当教会は、隔年ごとに「コンサート」と「この人に聞く」を行ってきました。
 今年は、コンサートになります。そこで、下記のように企画しました。
 どうぞ、皆様、お誘いあわせの上、お出かけください。
       
 男性カルテット「モリゴー・フォー」のお一人おひとりが、
 望郷の念に駆られる歌から、明日への希望の歌まで歌い上げます。
 これまでの長い人生経験からにじみ出てくる情感を歌の響きに乗せて
 聞く者の心に届けてくれることでしょう。
         
 日時:2017年2月26日(日)14時〜15時30分
 会場:仙台松陵教会・礼拝堂
 *入場無料です!
 「モリゴーフォー」のプロフィール、演奏曲など詳しくは
 ここをクリック!→concert.pdf
 →26日午後、多くの皆さんがご来場くださり、誠に有難うございました。
   近隣の方、初めて当教会に来られた方が多く、嬉しく感謝いたします。
   男性カルテット「モリゴーフォー」の熱唱とユーモアを楽しんでいただけたかと
   喜んでおります。今後とも、地域に開かれた教会形成に努めたいと思いますので、
   ご協力、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
   
                【熱唱するモリゴーフォー】

*クリスマスの恵みに感謝!・・・12月26日
  イエス様のご降誕をお祝いする「こどものためのクリスマス」
 「イブ礼拝・茶話会」「クリスマス礼拝・祝会」のすべてを
 恵みのうちに終えることができました。主に感謝!
 「地域に開かれた教会」を目指す当教会にとって、
 地域の子供たちや大人の方々が出席してくださったことは
 何よりもうれしいことでした。
   また、祝会ではフィリピンの方々も参加されました。
 当教会がフィリピンへの支援を続けていることに感謝の言葉を述べ、
 讃美歌や演歌を披露してくれました。特に「津軽海峡冬景色」は
 日本人も顔負けの歌唱力でした。印象深い祝会でした!
   
         【演歌を歌うフィリピンの女性】

*TGU泉キャンパス・クリスマス礼拝・・・12月2日
  最寄りのキャンパス・クリスマスで説教奉仕をさせていただいた。
 地域の方々があんなに多くクリスマスということで、キャンパスに来るものだろうか?
 日ごろの地域の方々との連携みたいなものの積み重ねの結果なのだろう。
 だとすれば、私たちの教会にも希望はある。見習うべきものを学びたい。
 TGUのHPにこの日の様子がアップされている。
 こちらをクリック→http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/161206-3.html

*収穫感謝礼拝・・・11月20日
 収穫感謝日として果物野菜などを備えて、礼拝をささげました。
 この日は信徒による奨励があり、その後愛餐会が開かれました。
 秋田のきりたんぽ料理をみんなでほおばりました。
 

*永眠者記念礼拝・墓前礼拝・・・11月6日
 この日は「聖徒の日」として憶え、午前は教会で永眠者記念礼拝が、
 午後はみやぎ霊園の教会墓地で墓前礼拝が捧げられた。
 遺影を前にして、ご遺族を交え、天のみ民も地にあるものも
 共に主を拝することができた。感謝!


*93歳の奏楽者・・・10月16日
 全国どこでも教会は高齢者が増え、教会の営みも
 多くの高齢者の奉仕が不可欠になっていることと思う。
 でも、おそらく当教会のように93歳になられた婦人が
 礼拝の奏楽をされているところは少ないのではないか。
 「奏楽の奉仕によってイエス様につながって来ることができた」
 喜び証しされながら、先日も味のある奏楽をされた。感謝!

        【奏楽をされるH・I 姉】