日本キリスト教団 仙台松陵教会

1月説教予定

1日(日)
  「民族の歴史をたどる幼子」
   マタイ2:13〜23
8日(日)
  「死より生き返った者として」
   マタイ3:13〜17
15日(日)
   「イエスに従った人々」
     マタイ4:18〜25  
22日(日)
   「伝道の開始」
   マタイ4:12〜17
29日(日)
  (深田牧師による説教)
         
 
   【2016クリスマスの案内】

   【講壇の花161009】

      【講壇の花161016】

     【講壇の花161023】
 

最新情報

*クリスマスの恵みに感謝!・・・12月26日
  イエス様のご降誕をお祝いする「こどものためのクリスマス」
 「イブ礼拝・茶話会」「クリスマス礼拝・祝会」のすべてを
 恵みのうちに終えることができました。主に感謝!
 「地域に開かれた教会」を目指す当教会にとって、
 地域の子供たちや大人の方々が出席してくださったことは
 何よりもうれしいことでした。
   また、祝会ではフィリピンの方々も参加されました。
 当教会がフィリピンへの支援を続けていることに感謝の言葉を述べ、
 讃美歌や演歌を披露してくれました。特に「津軽海峡冬景色」は
 日本人も顔負けの歌唱力でした。印象深い祝会でした!
   
         【演歌を歌うフィリピンの女性】

*教会前のイルミネーションの動画をアップ・・・12月19日
 ここをクリック→illumi.mp4
                    【教会前のイルミネーション】
*イエス様のご降誕をお祝いしましょう・・・12月23日〜25日
 アドベント(待降節)の季節を迎え、街や家が綺麗に輝くようになりました。
 当教会では、下記のようにイエス様のご降誕をお祝いする時を持ちます。
 どうぞ、皆様も自由にお越しください。お待ちしております。
 ◎こどものためのクリスマス・・・12月23日(金・祝)14:00-15:00
 ◎イブ礼拝・・・・・・・・・・・・・12月24日(土)19:00-19:45
 ◎クリスマス礼拝・・・・・・・・・12月25日(日)10:30-11:45

 詳しくはチラシをご覧ください
 表→2016xmas-omote.pdf  裏→2016xmas-ura.pdf

*TGU泉キャンパス・クリスマス礼拝・・・12月2日
  最寄りのキャンパス・クリスマスで説教奉仕をさせていただいた。
 地域の方々があんなに多くクリスマスということで、キャンパスに来るものだろうか?
 日ごろの地域の方々との連携みたいなものの積み重ねの結果なのだろう。
 だとすれば、私たちの教会にも希望はある。見習うべきものを学びたい。
 TGUのHPにこの日の様子がアップされている。
 こちらをクリック→http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/161206-3.html

*収穫感謝礼拝・・・11月20日
 収穫感謝日として果物野菜などを備えて、礼拝をささげました。
 この日は信徒による奨励があり、その後愛餐会が開かれました。
 秋田のきりたんぽ料理をみんなでほおばりました。
 
*教会周辺の花と木・・・11月18日
 日の光に照らされて、真っ赤になっている木がある。
 見渡すと、あそこにも目を引く花がある。
 11月も中旬なのに、神様は美しいものを見せてくれる。
 
 
*キリスト教文化セミナー・・・11月18日
 教区センターエマオの主催で下記のような講演が行われる。
 是非、お出かけください。
 日 時:11月18日10時30分
 会 場:東北教区センターエマオ3Fホール
 講 師:戸井田栄牧師(仙台松陵教会)
 演 題:「もう一つのグランドキャニオン」
 参加費:無料
 チラシはこちら→2016bunnkasemina.pdf
 <感謝>
 当日、金曜日の午前中にもかかわらず、多くの皆さんが参加されました。
 とりなし祈りつつ来てくださったことが感じられました。
 コロラド川は神の涙。十字架に流された血もまた神の涙。
 皆さんと福音の恵みを分かち合えたことを感謝いたします。

*永眠者記念礼拝・墓前礼拝・・・11月6日
 この日は「聖徒の日」として憶え、午前は教会で永眠者記念礼拝が、
 午後はみやぎ霊園の教会墓地で墓前礼拝が捧げられた。
 遺影を前にして、ご遺族を交え、天のみ民も地にあるものも
 共に主を拝することができた。感謝!


*93歳の奏楽者・・・10月16日
 全国どこでも教会は高齢者が増え、教会の営みも
 多くの高齢者の奉仕が不可欠になっていることと思う。
 でも、おそらく当教会のように93歳になられた婦人が
 礼拝の奏楽をされているところは少ないのではないか。
 「奏楽の奉仕によってイエス様につながって来ることができた」
 喜び証しされながら、先日も味のある奏楽をされた。感謝!

        【奏楽をされるH・I 姉】