主へのささげ物 2020年7月1日 祈祷会

各ご家庭での祈祷会に感謝します。どうぞ教会のこと、皆様のこと等覚えてお祈り下さい。皆様の祈祷会が祝されますようにお祈りしております。

賛美 新聖歌391 慕いまつる主なるイエスよ

参考Youtube
動画をアップロードして下さっている方に感謝です。

お祈り

  • 週の前半の歩みが守られたことの感謝。
  • 祈祷会を持てる感謝と、お祈りを導いて頂けますように。
  • 同じように家庭で祈祷会を守っておられる皆様のために。

賛美 讃美歌66 聖なる 聖なる

参考Youtube
動画をアップロードして下さっている方に感謝です。

聖書

ただし、人であれ家畜であれ、自分の所有の畑であれ、自分の持っているすべてのもののうちで、主に対して聖絶したものは、何であろうとそれを売ることはできない。また買い戻すこともできない。すべて聖絶の物は最も聖なるものであり、主のものである。
レビ27:28

メッセージ

レビ記の最終章を読みました。レビ記は捧げ物やいけにえに関する細かい規定が書かれています。またそれぞれの生活全般において、神様の前に聖なる生活を保つための規定、もし規定を破ってしまった場合の贖いの規定が記されています。神様はこれらのレビ記の記事を通して、聖なる神様とはどのようなお方なのか、そして聖なる神様と生きていくことはどのようなことであるのかを示しています。具体的な細かい規定が書かれていますが、これらの細かいルールに則って生活する時、見えてくるのは境界線です。神様と人との間には境界線があるのだということが分かってくるのです。目には見えない線ですが、何か神様と人とは決定的に違うのだという事が分かってくるのです。レビ記の中心は神様の聖です。聖とは第一義的に「違う」ということです。創造者と被造物の間には決定的な違いがあり、それを超えることはできません。しかし愛のお方である神様は、この違いを超えて、私たちを愛し、私たちを聖なるものへと作り替えようとしておられるのです。

27章には誓願について細かく記されています。神様は人が神様の前に誓いを立てることを推奨してはいません。むしろ守ることのできない誓いを立てるよりは、誓いを立てずともただ純粋に神様に従って行く事を喜ばれます。それでも人が神様の前に誓いを立てたいと思う場合、絶対的で聖なる神様を前にして誓いを立てるのだということを忘れてはなりません。これは神様に捧げ物をする際にも求められることです。人が何かを神様に捧げる場合、何であれそれは神様のものになります。誰かにプレゼントをする時、それは相手の物になります。神様に捧げ物をする場合も同様です。神様の前に誓いを立てるとは、ある意味で、自分自身を神様に捧げる行為です。ですから、誓いを立てた人は、自ら進んで神様の物となったということです。神様へささげたのですから、後から「自分は自分だ」と言い張ることはできません。

神様は目に見えないお方です。そして私たちに大きな自由を与えて下さっています。ですから私たちは神様を信じて歩むと言う時、私の信念に基づいて神様に仕えようとしてしまいます。しかし神様に従う、神様に自らを捧げようと思うのであれば、本当は自らの信念を脇に置かなければいけないのかもしれません。神様に捧げ物をする時、奉仕をする時、神様に捧げますと言いながら、自分の思うように事をなそうとしているのであれば、本当に神様に捧げようと思っているのか考え直さなければいけないのかもしれません。

神様は私たちのそのような弱さをご存知で、神様に徐々に従えるようになることを赦しておられるように思います。27章には聖別と聖絶という言葉があり、区別されています。神様に捧げ、聖別されたものは神様の物ですが、人が代金を払って買い戻すこともできます。驚くべきことですが、一度プレゼントしますと言って渡しておきながら、やっぱりやめたということができるということです。しかし聖絶のものは決して買い戻すことはできません。一度お捧げして神様の物になったのですから、人の自由にできないのは当然です。本来神様へのささげ物はすべて聖絶の物となっても良いのかもしれません。人間同士での贈り物であれば、そのように行うのが当然です。ところが神様は段階を設けておられます。私たちは神様への配慮を感謝しながら、ゆくゆくは全てを神様に捧げ、神様の御心のままに歩みたいと思います。それこそが私たちが全く神様の物となったということであり、一番安心できる状態のはずです。

 

お祈りの課題

  • 昭島教会に集う方々、ご家族のために
  • 最近、初めて来られた方々、久しぶりに来られた方々のために
  • 新型肺炎で苦しんでいる方々のために。また困難の中、神様にあって助け合う事ができるように。
  • 今後の礼拝、祈祷会の導きのため。主の最善が成されるように
  • 宣教地のため
  • 南平教会のために

賛美 新聖歌391 皆献げまつり

参考Youtube
動画をアップロードして下さっている方に感謝です。

主の祈り

天にまします我らの父よ。

ねがわくは御名をあがめさせたまえ。御国を来たらせたまえ。御心の天になるごとく、地にもなさせたまえ。

我らの日用の糧を今日も与えたまえ。我らに罪をおかす者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らを試みに合わせず、悪より救い出したまえ。

国と力と栄えとは限りなく汝のものなればなり。

アーメン。

(出典:新聖歌)