祝福の主を信じる 2020年7月22日 祈祷会

各ご家庭での祈祷会に感謝します。どうぞ教会のこと、皆様のこと等覚えてお祈り下さい。皆様の祈祷会が祝されますようにお祈りしております。

賛美 新聖歌396 慕いまつる主の

参考Youtube
動画をアップロードして下さっている方に感謝です。

お祈り

  • 週の前半の歩みが守られたことの感謝。
  • 祈祷会を持てる感謝と、お祈りを導いて頂けますように。
  • 同じように家庭で祈祷会を守っておられる皆様のために。

賛美 新聖歌317 わが友 主イエスは

参考Youtube
動画をアップロードして下さっている方に感謝です。

聖書

民数記14:8

メッセージ

民数記14章を開きました。今、礼拝ではヨシュア記を続けて開いています。ヨシュア記はイスラエルの民が荒野で40年旅をした後、カナンの地に入っていく時のお話が記されています。40年の間にイスラエル人は世代交代をして、エジプトを脱出した時に成人していた者はヨシュアとカレブを除き、みな死んでいました。イスラエルの民がなぜ40年荒野をさまようことになったのか、その原因が民数記13-14章に記されています。

13章で神様はイスラエルの民の代表者を選び、イスラエル人に与えると約束しているカナンの地を偵察するように仰いました。イスラエル人たちは12部族から一人ずつ代表を選びました。その中にヨシュアとカレブも入っています。彼らはカナンの地を40日間見て回りました。その地は「すばらしく、良い地(14:7)」でした。豊かな水があり、たくさんの果実が実っていました。荒野で過ごすより何倍も良い所でした。しかし良い地であるがゆえに、違う民族がすでに住んでいました。そして彼らはとても強固な町を築き、とても強そうで勝てそうにありませんでした。もしかしたらエジプト人に代わって、今度は彼らがイスラエル人を奴隷にするかもしれません。神様はイスラエルにその地を与えると約束して下さっていました。ヨシュアとカレブは神様の約束を信じて人々に「さあ、行こう!」と呼びかけましたが、他の10人の偵察隊は「行ってはいけない」と民に呼びかけました。そして多くのイスラエル人たちはカナンの地には行かないと決めました。またモーセの他にリーダーを立ててエジプトに戻ろうとまで言いました。

イスラエル人たちのこの決断に神様は怒りました。それまでもたびたびイスラエル人たちは神様を拒み、ついに神様が与えると約束して下さっているカナンの地の祝福、この旅の目的をも拒んだのです。それは神様を全面的に否定していることに繋がりました。神様はイスラエルの民を40年、荒野に住まわせることを決めます。そして彼らの子どもたちが約束の地カナンを受け継ぐと仰いました。

民数記の物語は民の視点に立って見ると、融通の利かない神様だなと思うかもしれません。しかし神様の視点に立ってみると、子どものようにダダをこねる民の姿が見えます。民はただ目先の物を欲しがってばかりで、神様を求めていません。モーセを通して神様と対話しているのですが、神様ではなく、物を求めているのです。祝福の与え主ではなく、祝福だけを求めています。ヨシュアは民数記で「もし主が私たちを喜んでおられるなら」と言いました。主との関係をどう持って行くかを考えている発言です。しかし多くのイスラエルの民はこのような視点を持っていません。イスラエル人たちはカナンの地に住む強そうな人たちを見てはいましたが、もっとはるかに強いお方である神様を見ていませんでした。私たちはヨシュアのように私たちを共におられる方がどのようなお方で、この神様とどのような関係を築いていこうか考えたいと思います。

 

お祈りの課題

  • 昭島教会に集う方々、ご家族のために
  • 最近、初めて来られた方々、久しぶりに来られた方々のために
  • 新型肺炎で苦しんでいる方々のために。また困難の中、神様にあって助け合う事ができるように。
  • 今後の礼拝、祈祷会の導きのため。主の最善が成されるように
  • 川越教会のために

賛美 新聖歌251 主イエスの御側に

参考Youtube
動画をアップロードして下さっている方に感謝です。

主の祈り

天にまします我らの父よ。

ねがわくは御名をあがめさせたまえ。御国を来たらせたまえ。御心の天になるごとく、地にもなさせたまえ。

我らの日用の糧を今日も与えたまえ。我らに罪をおかす者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らを試みに合わせず、悪より救い出したまえ。

国と力と栄えとは限りなく汝のものなればなり。

アーメン。

(出典:新聖歌)