阿漕教会Facebook

   

     

  



日本基督(キリスト)教団 阿漕教会

阿漕(あこぎ)教会は、三重県 津市にあるキリスト教会です。
礼拝ははじめてという方もぜひお越し下さい。


阿漕教会の礼拝堂は、大正時代に建てられたモダンな建物です。
毎週日曜日午前10時15分からこの建物で礼拝をささげています。


 【次週の礼拝 (12月15日)
 聖書  コリントの信徒への手紙1
             3章16~23節 
     「わたしたちはキリストのもの」
               加藤幹夫牧師

   定 期 集 会

<聖 日 礼 拝>
 日曜日
 午前10時15分~午前11時30分

<聖書の学び・祈り会>
朝の部 水曜日 午前10時15分
夜の部 水曜日 午後 7時00分

<教会学校>(子供の礼拝と分級)
 日曜日 午前 9時00分


<阿漕教会 礼拝堂> 
 阿漕教会は、カンバーランド長老教会のA・Dヘール宣教師が、1909年(明治42)津市弓之町に大きな家を借りて「弓之町講義所」(津市本町)を開いたことに始まります。その後、最愛の息子J.E.ヘールを浅間山で亡くし、その記念として、1912年(大正元年)、阿漕の地に宣教師館を建て、教会堂もこの時に建てられました。それ以来、この教会堂は、第2次世界大戦の戦火を免れて約100年の時を刻んできました。


*礼拝をささげたいと思う方はどなたでもご自由にお越しください。
  教会に初めて行こうと思っている方へ

 

    「教会はキリストを土台として建っている」1コリント3:10-17 
 キリスト者は、「主イエスは救い主である」と信仰を告白した者です。その信仰告白によって洗礼を受け、キリスト者となりました。しかし、洗礼を受けるということは、ただ信仰生活を始めることだけではなく、教会生活を始めるということです。洗礼を受け、その教会の教会員となるのです。信仰は、目に見えませんから、いくらでもごまかせます。自分勝手な信仰理解をして、正しい信仰をねじ曲げてしまうこともあるのです。だからこそ、具体的に教会生活をするのです。
 パウロは、コリント教会の人々に「教会はキリストを土台として建っている」と語りました。それは、教会の人々が、自分の信念、人間の考えた信仰を土台としていたからです。パウロは熟練した建築家のようにイエス・キリストという信仰の土台を据えました。その土台の上に、教会の人たちは、いろいろと人間的な思いを積み上げたのです。しかし、裁きの時、神は火をもってすべてを焼き尽くされます。人間の功績、業績、知恵はすべて消え去ってしまいます。最後に残るものは、キリストと、そこにつながっている枝のみです。
 私たちは、いつも、「人生において、何が最後に残るのか?」を心に刻まなくてはなりません。ちっぽけな自分の誇りや信念は、やがて消え去ってしまうのです。パウロは教会の人たちに、「あなたたちは神が住みたもう神殿なのです」と語りました。
 「キリストに結びつき、教会の肢となる恵みに生きる時、そこに神さまが住んでくださる!いや、洗礼を受けたということは、神が住まわれる神殿として生きているのですから、それを思い起して欲しい」と、パウロは伝えたいのです。

             教会メール akogichurch@hotmail.com

〒514-0805 三重県津市下弁財町津興1267
TEL 059-228-0407
FAX 059-202-0160

牧師:加藤 幹夫