阿漕教会Facebook

   

     

  



日本基督(キリスト)教団 阿漕教会

阿漕(あこぎ)教会は、三重県 津市にあるキリスト教会です。
礼拝ははじめてという方もぜひお越し下さい。


阿漕教会の礼拝堂は、大正時代に建てられたモダンな建物です。
毎週日曜日午前10時15分からこの建物で礼拝をささげています。

     【次週の礼拝10月24日)】  
  聖書 コリントの信徒への手紙2
              1章1〜2節  
 
説教 「キリストの恵みと平和を繰り返し伝える」
                 加藤幹夫牧師
   定 期 集 会

<聖 日 礼 拝>
 日曜日
 午前10時15分〜午前11時30分

<聖書の学び・祈り会>
 朝の部 水曜日 10:15

<教会学校>
(子供の礼拝と分級)

 日曜日 午前 9時00分


<阿漕教会 礼拝堂> 
 阿漕教会は、カンバーランド長老教会のA・Dヘール宣教師が、1909年(明治42)津市弓之町に大きな家を借りて「弓之町講義所」(津市本町)を開いたことに始まります。その後、最愛の息子J.E.ヘールを浅間山で亡くし、その記念として、1912年(大正元年)、阿漕の地に宣教師館を建て、教会堂もこの時に建てられました。それ以来、この教会堂は、第2次世界大戦の戦火を免れて約100年の時を刻んできました。


*礼拝をささげたいと思う方はどなたでもご自由にお越しください。
  教会に初めて行こうと思っている方へ

 

 御言葉の散歩道「出エジプト記の学びを終えて」
 「聖書の学び」において出エジプト記を72回にわたって取り上げ、学びを終えました。後半は、神との契約を民が裏切り、モーセが執り成し、再契約、礼拝を整えるという流れとなっています。ここに、礼拝とは何かという原点が示されています。
 民たちは、出エジプトを通して、主なる神の救いとその恵みを知りました。どんな時にも主が見守ってくださるという約束が与えられ、彼らも喜んで主との契約を結んだのです。しかし、主の言葉が聞けない時、主を裏切り、自分の願いを叶えてくれる神々を求め、その像を作って拝んだのです。ここで、民との約束は破棄されましたが、モーセは自分の命をかけて執り成します。主は、モーセの執り成しによってよって罪の赦しを与え、再度、祝福の約束をし、民たちに礼拝の場を整えるように命じられたのです。
 礼拝の場の中心には、主なる神との約束を刻んだ「契約の板」が奉納されました。つまり、信仰の民は、主との契約を心に刻み、主を拝み、ほめたたえ、感謝を献げるのです。
 キリスト者は、出エジプトの契約の完成として、主イエス・キリストによって与えられた新しい契約に生きています。その原点は、キリストの十字架による執り成し、罪の赦し、そして、キリストの復活による新しいいのちにあります。キリスト者の礼拝も旧約の民と同じように、キリストとの契約を心に刻み、キリストを拝み、ほめたたえ、感謝を捧げます。
 特に、罪の赦しは、自分自身の愚かな歩みを知る必要があります。自己絶対化ではなく、キリストの支配に自分をおくこと、その悔い改めが救いとなるのです。


              教会メール akogichurch@hotmail.com

〒514-0805 三重県津市下弁財町津興1267
TEL 059-228-0407
FAX 059-202-0160

牧師:加藤 幹夫