阿漕教会Facebook

   

     

  



日本基督(キリスト)教団 阿漕教会

阿漕(あこぎ)教会は、三重県 津市にあるキリスト教会です。
礼拝ははじめてという方もぜひお越し下さい。


阿漕教会の礼拝堂は、大正時代に建てられたモダンな建物です。
毎週日曜日午前10時15分からこの建物で礼拝をささげています。


       【次週の礼拝 5月31日)
        (合同礼拝)
 
 
聖書  使徒言行録
            2章1~4節

     「教会の誕生日」

                加藤幹夫牧師

   定 期 集 会

<聖 日 礼 拝>
 日曜日
 午前10時15分~午前11時30分

<聖書の学び・祈り会>
 朝の部 水曜日 10:15
 

<教会学校>
(子供の礼拝と分級)

 日曜日 午前 9時00分


<阿漕教会 礼拝堂> 
 阿漕教会は、カンバーランド長老教会のA・Dヘール宣教師が、1909年(明治42)津市弓之町に大きな家を借りて「弓之町講義所」(津市本町)を開いたことに始まります。その後、最愛の息子J.E.ヘールを浅間山で亡くし、その記念として、1912年(大正元年)、阿漕の地に宣教師館を建て、教会堂もこの時に建てられました。それ以来、この教会堂は、第2次世界大戦の戦火を免れて約100年の時を刻んできました。


*礼拝をささげたいと思う方はどなたでもご自由にお越しください。
  教会に初めて行こうと思っている方へ

 


 祈りと御言葉を大切にする」使徒6:1-7
  教会は誕生してまもなく、2つの問題を抱えました。1つは、外部からの迫害、もう1つは内部の争いでした。迫害は厳しい問題でしたが、それ以上に内部の争いは、教会そのものを壊してしまう大きな問題でした。その争いの1つに日々の食事の分配についての差別問題がありました。外国語を話すやもめのユダヤ人への分配が軽んじられていたのです。
  そこで、使徒たちは、食事の世話をする担当者を選ぶことにしました。その選考基準は、霊と知恵に満ちた評判の良い人です。霊はキリストの救いを心から賛美できるように導きます。知恵は、世の知恵ではなく、キリストの恵みを知る知恵を意味します。評判の良すべていとは、信仰を持った者たちが、「この人は、主の恵みに生きている」と証言できるという意味です。それらは、全てキリストの喜びにつながっています。食事係を選ぶ時に、世話をするのが得意な人を選んだのではないのです。
  わたしたちは、問題が起こった時に、その問題を解決しようと必死になります。確かに問題解決は大切ですし、そのための努力も必要でしょう。しかし、もっと大切なことは、わたしたちの心の中に何を置いているかです。目先の出来事ばかりに目を奪われて、その問題は解決しても、また、次の問題が出てくる場合が多いのです。すると、心が萎えてしまったり、再び、人間関係が壊れてしまったりします。差別がなくなることは大切ですが、人間の罪は、繰り返し吹き出てきます。
 使徒たちをはじめ、食事係の人々は、祈りと御言葉を大切にしました。それは、キリストの喜びから奉仕を始め、キリストの喜びのゴールに向かって奉仕するためなのです。


             教会メール akogichurch@hotmail.com

〒514-0805 三重県津市下弁財町津興1267
TEL 059-228-0407
FAX 059-202-0160

牧師:加藤 幹夫