阿漕教会Facebook

   

     

  



日本基督(キリスト)教団 阿漕教会

阿漕(あこぎ)教会は、三重県 津市にあるキリスト教会です。
礼拝ははじめてという方もぜひお越し下さい。


阿漕教会の礼拝堂は、大正時代に建てられたモダンな建物です。
毎週日曜日午前10時15分からこの建物で礼拝をささげています。


 【次週の礼拝 (2月24日)
 聖書  マタイによる福音書26章36~46節
 説教 「救い主の苦しみ」
               加藤幹夫牧師

   定 期 集 会

<聖 日 礼 拝>
 日曜日
 午前10時15分~午前11時30分

<聖書の学び・祈り会>
朝の部 水曜日 午前10時15分
夜の部 水曜日 午後 7時30分

<教会学校>(子供の礼拝と分級)
 日曜日 午前 9時00分


<阿漕教会 礼拝堂> 
 阿漕教会は、カンバーランド長老教会のA・Dヘール宣教師が、1909年(明治42)津市弓之町に大きな家を借りて「弓之町講義所」(津市本町)を開いたことに始まります。その後、最愛の息子J.E.ヘールを浅間山で亡くし、その記念として、1912年(大正元年)、阿漕の地に宣教師館を建て、教会堂もこの時に建てられました。それ以来、この教会堂は、第2次世界大戦の戦火を免れて約100年の時を刻んできました。


*礼拝をささげたいと思う方はどなたでもご自由にお越しください。
  教会に初めて行こうと思っている方へ

 

        御言葉の散歩道「主なる神を畏れる者」
 「聖書の学び・祈り会」で、「箴言」を56回にわたって学びました。「箴言」全体に流れている中核には、「主なる神を畏れる」というメッセージがあります。
 「主を畏れることは知恵の初め(1:7)」
 「主を畏れる女こそ、たたえられる(31:30)」
 箴言の最後は、息子、王レムエルに対して、母が諭しの言葉を記しています。その結びは、「王として有能な妻を迎えて欲しい。その最も大切なポイントは、主を畏れる者であること。」という願いです。主なる神を畏れて生きることは、主を誇り、自分を誇らないことです。世の多くの人々は、自分を高くすることに必死です。自分を誇りたい、自分の欲求を満たしたい、自分の意見を通し、主張し、自己を絶対としたいのです。
 現代、わたしたちの暮らしはとても豊かになりました。欲しいものがすぐ手に入る時代です。しかし、その欲求が少しでも満たされないと不満と怒りが爆発します。SNSといわれる情報ツールは暮らしを豊かにしましたが、逆に人間の欲求の愚かさが吹き出ています。自分勝手な動画を流し、他人のことを考えないで、ただ自分の感情をぶつけている「つぶやき」が洪水のようにあふれています。だれもが自分の快適さを求めるばかりで大切なことを見失っているのです。
 ジュネーブ信仰問答の問1は、人生の主な目的をたずねています。答は「神を知ること」です。人は、自分のいのちを与え、取り去ることもできる創造主、神を畏れる歩みを失うと人生の目的を失います。欲望だけに生きる愚か者になってしまいます。毎週の礼拝は、主を畏れる歩みを整えるためにあるのです。

 
             教会メール akogichurch@hotmail.com

〒514-0805 三重県津市下弁財町津興1267
TEL 059-228-0407
FAX 059-202-0160

牧師:加藤 幹夫