教会紹介


梅ケ丘教会は1943年(昭和18年)9月4日、世田谷区代田1丁目の地に植松英雄牧師が牧師館を建て、二部屋を集会所に使用しての開拓伝道から始まりました。

戦災により建物は全焼し、戦後一時期礼拝場所を移しましたが、1950年同地に会堂が再建され、1979年の会堂の建替え18年後、小田急の複々線化計画で線路近くにあった場所を離れ、1997年に代田3丁目の地に建てられたのが現会堂です。

梅ヶ丘教会は、日本キリスト教団に属するプロテスタント教会です。

日曜日の礼拝には毎週70~80名ほどの出席者があります。初めて来られる方が、明るい教会との印象を持たれるのは、内装だけではなく、若い方の姿も目につくからかもしれません。

梅ヶ丘教会では自由に参加できる各種行事の他、月に2~3回“美味しい”と評判のランチを礼拝のあと、2階集会室で400円にて提供しております。