失望せず行う信仰~ガラテヤ6:7-9

私たちは様々なことばと行動で多くの種を撒いて生活しています。それは人に対する事柄と霊的な事柄の両面に及びます。人は多くの場合、自分の知っている情報に基づいた判断と自分が見ることが出来た事柄を元にして言動へと繋がっていきます。そしてその根底にそれぞれの考え方、捉え方、性格などの要因が影響を与えて種を撒くことになります。

信仰がもたらす回復~ヤコブ5:15-16

回復というテーマは私たちの日常で毎日繰り返されていく大切なものです。日常の心身の疲れが睡眠によって回復したり、また散らかした部屋をかたづけることも回復かも知れません。けんかをしても仲直りするというのもとても大切な回復ですね。マイナスになっていたものが0に戻る。また元の状態に戻るというのが回復という考え方もあるかも知れません。その回復という事柄ですが回復するための方法は人それぞれです。睡眠が一番という方もおられますがどこかに気分転換に出かけるのがいいという方もおられます。ひとりでいる方がいい場合もあれば、友達や信頼出来る人たちと一緒にいるほうがいい場合もあります。そして神様の回復の方法は信仰による祈りの祈りが病む人を回復させるとヤコブの手紙にあります。さらに主はその人を立たせ、罪を犯していたなら赦されますとあります。そして互いに罪を言い表し互いのために祈ることは癒されることであることが書かれています。そしてそのことは大きな力であると示しています。ただの回復といっても神様との関係の回復が起こる時にそれは大きな力です。なぜならそこに人生の目的も、私たちの揺るがない価値も、力も、知恵もすべてあるからです。主が私たちの信仰を回復し、成長させ、そしてそこから来る祈りが地域にも影響を与えていくことを使徒行伝をはじめとした新約聖書の宣教の中で見いだすことが出来ます。今この時にそのようなクリスチャン、また教会として力強く共に祈り合い、成熟し、歩んでいきましょう! [Read more...]

回復の時~使徒3:17-20

回復ということばを考える時にマイナスだったものが0に戻るというイメージがあります。プラスだったものが0になるのは回復とは言いませんがプラスだったものが更にプラスになることも一般的には回復とは言いません。