時を見極める

人生において大切な要素として見極めるというものがあります。夏うっかり出しっぱなしにしていた食べ物が腐っていないか見極めるようなことや大安売りで本当に必要なものかをもう一度考えるような身近な事柄から、自分の人生にとっての大きな選択、決断、そういった物事を見極めたりする大切なことまで私達の周りにはタイミング良く、とか注意するという少し広がりのある意味まで含めると一日の生活の中で最適なこと、正しいことを見極めて生活しています。そういった中で聖書の語っていることを見極め、そして自分にその本質を適応していくことはとても大切です。聖書に書かれていることだからとなんでも同じように時をわきまえずに実生活の中に行っていくならば私達は一種の宗教オタクのような状況になるでしょう。神様の時に神様が語られることを聞き分け、従っていくその本質に信仰があるのであって、結果的に行っている行動になにか超自然的な力があるわけではありません。神様に従うことが大切であってその時に語られて限定的に行われた信仰による行動や預言的行動自体に奇跡を起こす力があるわけではありません。私達は自分の信仰生活において刈り取りという側面と試練という側面を混同せずに主の前にしっかりと立つ必要があります。なんでも試練だ思いこんでしまうと悔い改めも改善もないからです。逆になんでもかんでも刈り取りだと思ってしまうと神経質で恐れに満ちた生活になるでしょう。私達は主にあってみことばに立ち、そしてしっかりと見極めていく知識、品性、感性を主にあって養い育てていく者となりましょう。福音書からイエス様がどのようにされたのか。また使徒行伝以降の弟子達の成功や失敗の中に私達には大きな助けとなるヒントが溢れています。主を知り、時を見分け、力強く歩む者となりましょう。


ゆるしあう心

イエス様は主の祈りの中で私達に罪を犯す者を私達がゆるすように私達の罪をもゆるして下さいと祈るように教えられました。ゆるしの前提として被害者と加害者がまず存在します。そして高いところから低いところへ下るように裁きが流れていくのが一般的な感覚だと思います。裁かれる方は当然身構えます。またその裁きはおかしいと反論するかもしれません。起こった痛みは時としてすぐには消えないでしょうし、そのため失ったものもあるかも知れません。それでもイエス様は自分に少しでも有利に裁きを展開したり、また自分に少しでも負い目がないように努力したりすることではなく、赦しなさいと言われました。その背景として王の律法とも言われるあなたの隣り人を愛しなさいという愛によって関係を築いていくことを考えに入れる必要があります。さらにその前提として自分を愛すること、愛することを知るために神様の愛を知っていくこと、マラキ書にあるように父の心と子の心が向き合うことを通してのろいから解き放たれてこそ我慢大会の赦しではなく、真の赦しが可能となります。赦すことは神の子としてのアイデンティティの回復であり、主にある祭司として罪の代価を支払うことを主の前にする存在となっていくこと、そして聖所から至聖所へと進むことが出来る祭司の特権を知る者こそ正しくその職務を全う出来るのです。主の臨在の中で私達がつくりかえられる時に主は私達の心を特に癒し、整え、用いたいのです。自分自身を生きたそなえものとして主に献げ、神様にあって建て上げられる者となりましょう。


日ごとの糧

衣食住足りて礼節を知ると日本のことわざにはあります。聖書はそれらのものについてどう語っているでしょうか?主の祈りにも我らの日用の糧を今日も与えたまえとあります。日本のことわざのイメージだとそれがすべて不足なくあればまずスタートラインという感覚があります。聖書は食物や着る物に気をとられるのではなくまず神の国と神の義を求めることを勧めています。そしてそれらのすべての必要は神様もご存じであり、備えてくださること、また食物に気をとられ過ぎるのではなく、神様の恵みによって心を強くすること、そして神様が私たちを愛し、必要を満たして下さる方であるということ、そしてその前提として何が本当に必要でなにが不要であったり無駄であるかを知ることが重要です。日本は消費大国ですが私たちが口にいれて食べる以上に多くの食物が廃棄されていく現実があります。その一方で同じ世界、同じ時代に食糧難で餓死していく人たちもいるのです。神様は地上のすべての人に足りるだけの食物を常に備えてくださっていますが自分だけがよければいいという思いから多くの恵みの糧が無駄になっているのです。恵みを受けることは大切です。そして受けたらその恵みを流し出すことができる器として、またそういう思いを持って祈り、とりなし、働く者となっていきましょう。


天と地をつなぐ信仰

主の祈りの御心の天になるごとく地にもなさせたまえという箇所があります。まず天がどのようなところであるかを私たちは聖書から知るべきです。黙示録を見ると天の幻の描写がいろいろと出てきます。その中でいのちの川があること、いのちの木があり12の実が毎月できること、そしてその葉によって諸国の民がいやされることが記されています。すべての人がいかされ、いやされ、神様と共に過ごすところであり、また神様の栄光が照り輝いているため夜もないとあります。日本には日陰者という表現があります。後ろめたい歩みをしてきた人を指すことばですが天国には日陰者はひとりもいません。なぜなら呪われることもなく、御座に仕えるしもべたちの額には神の名がついているとあるように神のものとされた私たちの姿がそこにあるからです。イエス・キリストの十字架と復活によってイエス様を自分の救い主として信じた時に天国へはいる権利を私たちは得ることができます。そして天国にはいった時には私たちはすべての肉からくる罪の性質、弱さから完全に解放されるのです。地上においても私たちが聖霊の力によって整えられていく時にそこにも神様の栄光は現されていきます。イエス様は天国と地上とを結ぶ鍵をペテロに与えると言われましたがこれはイエス様を信じる私たちにも与えられている鍵です。鍵は持っているだけで効果のあるものではありません。鍵穴に入れて用いる時にはじめて機能します。私たちの祈りを的をしぼって捧げていくことはこの鍵を用いる祈りです。この鍵を用いていくためには神様の思いに従って用いていくという大切なルールがあります。神様の思いを知り、そしてそのうえに信仰によって建てられた神殿の柱としてふさわしく天の恵みを地上に流し出すために祈り、打ち破りをもたらしていきましょう!


御国を待ち望む心

主の祈りにある御国を来たらせたまえという祈りを見ていくと天の栄光が地にも現されるようにという信仰生活の中にある義に対する渇望という面とイエス・キリストの再臨、そして新しい天と地が創られると黙示録に記されている一連の再臨に関わる事象についての待ち望む祈りという2つの方向性を見いだします。このふたつの方向性のいずれにも見いだすことができるのは御国ということばが指す対象は天国であり、そこには神様の臨在が常にあり、悲しみも苦しみもなく、賛美に満ちあふれているところであり、時間の流れも昼もなく夜もないとあること、また永遠に続く場所であることがわかります。何かと時間や空間、また私たちの肉体の限界などの制限がかかる中で神様を見いだし、そして求めていく中でそういった制限のない御国を求めていくのは素晴らしい恵みです。また罪赦され、神の子とされていますがその特権が本当の意味で実現し、より具体的に現される天国へと思いを馳せ、この地上においてもその片鱗を味わい知っていきたいという願いをもって祈り求めていくことは私たちの信仰生活の中でとても大切なことです。私たちはどうしても自分の目の前の問題にとらわれやすく近視眼的になりがちです。そういった視点を神様の視点にシフトしていくことは私たちの信仰生活に安定感を与え、力強さを与えてくれます。神様の御国が私たちの実生活にもさらに拡大すると共にこの地のうえにも現されるよう祈り求めていく者となりましょう!