ひとつの答えとは?

こんにちは、最近教会にいろいろと相談事が増えてきました。とてもうれしいことです。 でも物事の答えを出すっていうのはすごく難しいことだなと実感しています。 でもひとつ見出すことができるのはイエスキリストによらなければ最善の結論を見出すことができないということでした。 誰かが我慢すればとかそういうレベルの答えではなく最善を導き出すにはものすごい労力がかかります。 でもそこに希望があることを知っていきたいと思いました。

物事をすすめるということ

こんにちは、丁度今いろんなことを考えて模索しなければいけない時期なワケですが 物事を考えたり相談して進めていくというのはとても大変なことだな~と思っています。 地球上に60億人ほどもひとがいて十人十色といわれるように いろんな考えを持たれる方がおられるわけです。 そしてその中で自分たちの育った環境とか地域によって常識と言われるものがあり そしてその常識でまわりを計ったりとかするわけですから大変です。 自分がこれからどうしていくべきか考えていく中で なにを主体に考えていかなければならないのか・・・ 私としては突き詰めるとまあ信仰的な表現になりますが 「神様はなにを望んでおられるのか?」 ということを考えての決断、行動しかできないな~と思います。 教会の働きをするにしても、 また生活のために仕事をするとしても それぞれリスクはありますし どんなアクションをとってもそれによっていろいろな意見が出てくるはずです。 あなたは自分がなにかをするときに何に重点を置きますか? 周囲の目?自分の希望?自分の感情? 自分のやりたいこと?損得? いろんな要因が絡み合ってこの社会は成り立っていますが 聖書には「神の国と神の義をまず求めなさい」 とあります。それは神様の愛であり、 神様のゆるしであり、そして神様の恵みでしょう。 神様をしっかりと見上げた歩みをして行くときに その歩みは風に流される枯れ葉のような歩みではなく 永遠の天国に向かう着実な歩みとなることでしょう。 最近思ったことを書いてみました。 自分自身もそういった着実で愛のある歩みができればと心から願います。 [Read more...]