愛をもって行動する

だれに対しても、何の借りもあってはいけません。ただし、互いに愛し合うことについては別です。他の人を愛する者は、律法を完全に守っているのです。「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな」という戒め、またほかにどんな戒めがあっても、それらは、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」ということばの中に要約されているからです。愛は隣人に対して害を与えません。それゆえ、愛は律法を全うします。(ローマ13:8-10)

ローマ人への手紙は、12章から具体的なお勧めが記されています。13章はまず、権威を持っている人に対する接し方について書かれています。私はどちらかというと、反体制派というか、上に立つ人を信用できない性格のため、ここを読むときにいつも反省します。なんとなく、中学、高校の先輩や先生方を見ていて「ただ従え」というやり方になじめず反発ばかりしていたんですね。いまでもそれを引きずっているようなところがあります。ただ「何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心からしなさい。コロサイ3:23」と聖書の他の箇所にもありますから、神様に仕えるようにしていきたいと反省します。

パウロは、権威ある人に対しての次に、みつぎものについて、つまり現代で言えば、税金についてもしっかりと納めるように教えています。そして、8-10のまとめのような言葉を書き記しています。それは愛によって行動しなさいという言葉です。さきほど、コロサイの言葉を述べましたが、「主に対してするようにしなさい。」これも、神様を愛している人は、じゃあ他の人も愛そうと思うということですね。神様を愛してない人は、じゃあ、他の人も愛さないということになってしまうわけですが。パウロは何事をするにもパウロ自身が中心において考えていることは、愛によって行動するということです。13:9の言葉は、イエス様の言葉を思い起こします。マタイ22:37-40ですね。そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』これがたいせつな第一の戒めです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。律法全体と預言者とが、この二つの戒めにかかっているのです。」このイエス様の言葉と同じことをパウロは言っていると言えます。イエス様が教えているのは、律法の文字を全て覚えて、序列をつけて実行していく事よりも、何が愛であるのかをよく考えて実行しなさいということでした。そうすれば、パウロが13:10で言っているように、愛は害を与えませんから、律法を全うすることが出来るのです。

8節でパウロは、もう一つ興味深いことを語っています。だれに対しても、何の借りもあってはいけません。借りという言葉を使っています。ナタリー・サルトゥ・ラジュという人が「借りの哲学」という本を書いています。これは借りということについて哲学的に考えた面白い本です。借りというのは、人を縛る効果があります。昔は借りがある人に対しては、絶対服従してしまうほど強い効果を持っていました。しかし資本主義は借りをお金に換算することで払い戻すことを可能にしたというのです。なるほどという感じです。しかしこの人が主張したいのは借りにもいい面があるということです。それは誰かに借りがあるということは、人を謙虚にさせる、優しい人にさせるという効果があるということです。私たちは神様から絶対に返すことのできない大きな借りを受けています。いのち、日々の見守り、救い、そして栄光の体の約束です。これらは絶対に返すことはできません。このような借りを私たちは神様から受けていると自覚するとき、私たちは謙虚になり、他の人にも優しくしようとと思います。なぜなら、神様はこのような大きな借りを愛によって私たちに与えてくださっているからです。愛による借りは、人を縛りません。むしろ人を喜ばせます。神様が私たちに見返りを求めていないということが分かるからです。愛は見返りを求めません。パウロが8節で言っている。借りがあってはいけない。ただし愛し合うことは別だと言っているのは、そういう事だと思います。誰かに贈り物をしたりすると、借りを作ることになるから贈り物をするのはやめようと考えるなということです。むしろ積極的に贈り物をしなさい。見返りを求めない愛をもって贈り物をしなさいということをパウロは勧めています。

私たちもぜひ愛をもって行動するようにしましょう。

今日は、阿部宣教師のレポートが届きましたので、みなさんで共に祈りました。ウィクリフの働きのために覚えてお祈り下さい。

神様が味方である幸い

では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。(ローマ8:31)

ローマ7章で、パウロは人の持つ罪の性質の苦しみを、切実な言葉で表現しています。7章は本当に読む人の心を打ちます。自分の内側にある罪の心、自分の力では立ち向かう事のできない罪の誘惑の強さが書かれています。このような罪に対して神様が与えて下さった救いは、イエス様の十字架による救いでした。洗礼によってイエス様の十字架と復活と同じにされた私たちは、イエス様と同じように、一度死んで、復活したのです。そして死んで復活した者たちが、これからどう生きるのか?が8章で描かれています。

イエス様の十字架と復活の救いを受けた私たちは、聖霊を受けたのだということをパウロは語っています。私たちはそのままですと、罪に引きずられる傾向があります。それは7章に書かれていた通りです。私たちは善を行いたいと思っていても、悪を行ってしまうという罪の傾向があります。神様はそのような私たちに聖霊を与えてくださいました。この聖霊の力によって私たちは初めて、罪に打ち勝ち、全を行うことが出来るようになります。8:3-4にそのことが書かれています。律法は神様から与えられた良い物ですが、律法が教える良い行いを私たちの力で行うことはできません。しかし神様の霊が私たちと一つとなってくださることによって私たちは、良い行いをすることができるようになります。

また私たちの内に与えられた聖霊は私たちの心のうめきを、神様に届けてくださいます。私たちは、罪のゆえに神様から離れていましたから、神様との距離を感じるかもしれません。私たちが苦しんでいる時に、神様は遠く離れているように感じるかもしれません。しかし私たちに与えられた聖霊は、神様の霊です。遠く離れているように感じる神様は、私たちの内側にいて下さるのです。聖霊は私たちの心の内側にある声にならない、言葉にならない思いをしっかりと受け止めてくださいます。私たちの心の内側におられますから、私たちの心をしっかりと理解してくださるわけです。そして聖霊はその私たちの思いを神様に届けてくださいます。神様は、聖霊と一つであり、聖霊の思いをよくご存じですから、私たちの思いをしっかりと受け止めてくださいます。8:26-27にそのことが書かれています。

神様の救いとは、私たちの罪を赦し、聖霊を与えて下さることです。ただ私たちの罪を清算し、あとは一人で自由にしてねということではありません。神様はちゃんと私たちと共にいて、私たちが罪の生活に戻らないように、良い生き方ができるように導いてくださいます。そのために私たちに聖霊を与えてくださいました。いつも聖霊と一つでいることで私たちは神様の導きを知ることができます。また私たちの思いもちゃんと神様に届くようになります。ですからパウロは8章の最後でこう言っています。「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。(8:31)」苦しみも、飢えも、裸も、神様の愛から私たちを引き離すものは何もありません。また私たちの内側にある罪の性質さえも、神様の力の前には無力です。私たちは自分の力では自分の罪の性質に抗えませんが、神様は私たちを変えることができます。ですから私たちは、神様の霊、聖霊といつも一緒にいることで安心することができます。今日も聖霊にあって、共に祈っていきましょう。

お祈りの課題

  • 工事の感謝と今後のために
  • 教団の各教会のために(祈祷課題を配布しました。)
  • みずほ台教会のために

律法を持っていることを誇るか、神様を誇るか。

すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。(ローマ3:23-24)

ローマ人への手紙を開きました。この手紙は、パウロがローマに住むクリスチャンに宛てて書かれた手紙ですが、内容は、ただ世間話のような内容ではなく、救いについてとてもよく説明されている内容の手紙です。

この手紙は、律法を持つユダヤ人と、律法を持たない外国人、両方を意識して書かれています。どちらも神様の救いを必要としているというのが手紙の趣旨です。律法を持っているのが正しい、律法を持たないのが正しいという事ではありません。律法というのは、神様から与えられた聖なるものです。それはパウロも同じように考えていました。さらにユダヤ人の中にはこう考える人もいました。2:17を見ると、「もし、あなたが自分をユダヤ人ととなえ、律法を持つことに安んじ、」と書かれています。つまり、律法を持っているから安心と考える人たちです。変な話、律法を行うかどうかは別として、聖なる律法が与えられたということは、神様から特別選ばれた民族だから安心ということです。例えば、日本国憲法は今大変騒がれていますが、9条があります。戦争放棄をうたっている世界でも類を見ない平和憲法だと言われています。この9条があるから日本は安心でしょうか?しかし今国内では9条の解釈もめています。つまり9条があるかどうかが重要なのではなくて、日本人が9条を守る気があるのか無いのかの方が重要だと言えます。もし日本人に9条を守る気が無いのであれば、9条はあっても無くても一緒ですね。パウロはこのことを2章で言っています。神様から与えられた律法があるから安心なのではなくて、本当にその律法を守る気があるのか無いのかの方が重要です。そして、本当に律法を守り行おうとするならば、3:20にあるように、誰一人として義であると認められる人はいません。守り切れないからです。すべてを守り行うことが出来る人は一人もいない。かえって「ああ。今日も罪だらけだった」という罪意識だけが生じるということです。

3:27でパウロは、私たちの誇りはどこにあるのか?と言っています。3章で論じられていることは、この誇りについてですね。ユダヤ人は「私たちには律法がある」と誇っていました。その点で外国人より優れていると。しかしパウロはその誇りは無意味ですと言っています。するとユダヤ人は「じゃあ、そんな律法を与えた神は不真実な方なのか?」と反論します。パウロは「そんなことはありません。神様は真実ですが、人間が律法を守らないので不真実です。」と言います。するとユダヤ人は「じゃあそんな人間の不真実さをあらわにして、自分は真実だなんてする神は不正ではないか」とこういうわけです。しかしパウロは、「そうではありません。神様が何が善であるかを示してくださらなければ、誰にも何が善であるか分からない。それくらい人間は罪深いのだ。」と言っています。パウロは徹底して、神様お一人が善であられ、人間は誇るところなど何もない罪深い存在だとしているのです。ところがユダヤ人たちは、そんな風に言われると生きる望みを失ってしまうので、何かしら自分たちの中に誇れる部分があるのではないかと食い下がっています。この気持ちは私たちも分かる気がします。しかし残念ながら、私たちには誇りとするものが何もありません。

そのような弱い人間に対して神様は、正しい人は幸せになり、悪人は地獄に落ちるというような因果応報的なやり方では誰一人救われないので、神様の一方的な恵みによって救うという方法をとられました。3:23-24にある通りです。(聖書読む)みんな罪人ですが、キリストがその罪を十字架の血によって贖ってくださいました。私たちはその救いをただ受け取るだけです。ですから私たちは神様だけを誇ります。パウロもIコリント1:31で“まさしく、「誇る者は主を誇れ」と書いてあるとおりになるためです。”と書いています。神様に望みを置いて残りの週も過ごしていきましょう。

お祈りの課題

  • 改修工事のために
  • 6/5の懇談会のために
  • 南大沢チャペルのために

*昨日は、小金井教会の方々が、工事の合間に祈祷会に参加してくださいました。小金井教会の婦人会との交わりも6/30に企画されています。小金井教会のためにもお祈りしました。

主への捧げ物

感動した者と、心から進んでする者とはみな、会見の天幕の仕事のため、また、そのすべての作業のため、また、聖なる装束のために、主への奉納物を持って来た。(出エジプト35:21)

いよいよ幕屋の建設が始まります。幕屋は先週もみましたように、神様とイスラエルの民が出会う場所です。一般の人は幕屋の建物の中には入れませんでしたが、幕屋はいつもイスラエルの民の中心にあり、捧げものを捧げるときは、この幕屋にやってきました。

そして出エジプト35~36章を見ると、この幕屋の建物自体もイスラエルの民の捧げ物によって作られていることが分かります。この幕屋建設のために、イスラエルの人々は自ら進んで持っているものを捧げました。ある人は、飾り物、ある人は布、ある人は木の板を持ってきました。またベツァルエルとオホリアブという人の名前が出てきますが、この2人を中心に、物を作ることが出来る人は、板を切り出し、機織りをし、刺繍をほどこしました。イスラエルの民から捧げられた材料を幕屋の形に仕上げていったのです。

これらはイスラエルの民の尊い奉仕でした。36:7を見ますと、イスラエルの民は有り余るほど、捧げものを持ってきたと書かれています。モーセがもう十分足りました。捧げ物はもう大丈夫ですと言わなければならないほどでした。昭島教会でも今、たくさん捧げものを頂いて、特に掃除用品や、トイレ用品はたくさんあります。しばらく大丈夫な量がありますね。イスラエルの人々も進んでそれらの捧げものを持ってきたわけです。ここから捧げ物、奉仕について分かることがあります。これらの捧げ物はみな、神様のために持ってきた捧げ物ですが、民のためでもあるということです。先週も見ましたように、神様は人の手によって助けてもらわなければならないようなお方ではありません。イスラエルの民は、そんな神様に「感動して(21節参照)」捧げものをもってきたわけです。そしてそれらの捧げ物は、幕屋というイスラエルの民が礼拝を捧げる場所のために用いられました。ですから、この捧げ物は神様のためであり、民のためでもあります。神様への捧げ物の不思議がここにあります。

幕屋で捧げる神様への捧げ物、いけにえについては、レビ記に詳しく書かれていますが、いくつか種類があり、その中には、イスラエルの民も食べてよいものがあります。神様へ捧げたうえで、それらの一部を民も一緒に食べる捧げ物です。教会の献金や捧げ物もそういった二面性を持っています。捧げ物は全て神様への捧げ物ですが、教会のみなさんのためでもあります。今は代表的な捧げ物の形として、献金というお金を捧げる事になっていますが、昔はお金ではなく、物を持ってきました。特に多かったのが、パンと葡萄酒です。礼拝で必ず使うものだからです。またある人は他の食べ物や衣類、教会の建物を建設するということを通して捧げ物をしました。それらは神様のためですが、教会の皆さんのためでもあります。今でも掃除用品、トイレ用品は教会のため、神様のために進んでささげられたものですが、同時に教会に集ったみんなで使うものです。まあそういう一面を持っているわけですから、教会の物はみんなの物ですから、遠慮せずに使ってほしいですし、同時にみんなの意見を聞きながら使っていく必要がありますね。ともかく献金というのは、礼拝説教を聞くための受講料ではないわけですね。奉献という名前を用いている教会もありますが、一週間守られたことに感動し、感謝して神様のため、教会のために進んでささげる捧げる捧げ物です。今日私たちも神様に感動して、自ら進んで献金と祈りを捧げたいと思います。

お祈りの課題

  • 改修工事のために
  • 体の弱さを覚えておられる方々のために
  • 甲斐先生ご夫妻のために
  • 川越教会のために

神様と出会う場所

彼らがわたしのために聖所を造るなら、わたしは彼らの中に住む。(出エジプト25:8)

出エジプト記19章で、イスラエルの民はまことの神様だけを神とし、生涯仕えていくことを誓約しました。結婚の誓約のようなものです。互いに愛し合い、他の人、この場合は神ですね、とは誓約を結ばない。うわきしないという誓約です。この誓約があって後、20章で十戒が与えられました。21~23章はその補足のような戒めが与えられています。

25章からは、聖所と呼ばれる礼拝する場所の造り方が記されています。創世記から読み続けていくと、このあたりから、聖書通読が苦しくなりますね。イメージしづらいので。建築に詳しい人ならまだしも、その他の人にはなかなか苦しいですね。こういう時は、このような想像図があると便利です。イメージしやすいです。

聖所は、イスラエルの民の捧げものによって作られました。25:2には、イスラエルの民の中から心から進んでささげる人から捧げものを受け取って、それらを使って聖所を造るということが書かれています。先の話になりますが、35:29には、イスラエルの人々が進んでそれらの捧げものを持ってきたことが記されています。この捧げ物は、強制されてではありませんでした。自発的に行われたものです。またこの捧げ物は、神様とイスラエルの民の絆でもありました。神様ご自身は、パウロが使徒の働き(17:25)で述べている通り、人に仕えてもらう必要のないお方です。すべてを持っておられ、捧げものに頼る必要はありません。しかし神様が人からの捧げものを受け取るというのは、それが人と神様との絆だからです。出エジプト19章で交わされた誓約、真の神様だけを神様としますという誓約を捧げ物という行為を通して実践しているのです。

聖所も同じように神様と人とをつなぐ絆です。これもやはりパウロが言っていることですが、神様は地上のどこかに住んでいるような小さなお方ではありません。この世界のどこかに神様がおられて、あそこでは会えないけど、あそこなら会えるというような小さなお方ではなく、その全く逆で、私たちとこの世界が神様という大きな方の中に生きているのです。ですから、人の手によって作られたものの中には収まり切りません。しかし今日読んだ聖書箇所で神様は仰っています。神様はとても大きいので、世界には収まりきらないけれども、もし「彼らがわたしのために聖所を造るなら、わたしは彼らの中に住む。」ということです。これは私たちが本当に神様を求めるなら、あなたの望むところに神様は現れて下さるという恵みです。私たちへの配慮です。ここでもまた神様は私たち人間の自発性を尊重しています。聖所は神様と出会う場所なのです。その聖所をもし私たちが必要としていて、神様どうか私に現れてくださいと望むなら、神様はそこに現れて下さるという約束です。聖所は神様と出会うということが第一の目的ですので、その作り方もまず神様がここに現れて下さるという契約の箱の作り方から説明されています。そして順を追って、それを安置しておく聖所の建物の作り方を説明しています。

聖所の目的の中心は、私たちが神様と出会う場所を求めているかどうかということです。イスラエルの民は、60万人以上という大集団で移動していましたが、この聖所を中心にしていつも生活していました。神様がイスラエルの民の中心にいて下さいというイスラエルの民の願いでもあります。私たちはどうでしょうか?神様と出会うということ願っているでしょうか?もし願うのであれば、私たちも神様を中心に据えて生活したいと思います。

今日の祈祷課題

  • 改修工事の導きのために
  • 教団の各教会の次世代伝道、世代間交流の働きのために
  • 代議員総会のために
  • 南大沢チャペルの中高生、青年のために
  • 守谷教会のために

*今日は南大沢チャペルから、ゲストが来てくださいました。南大沢の青年、中高生の様子をうかがいましたので、みんなで南大沢のためにも祈りました。