恵みの実現~ヨハネ1:16-17

恵みと報酬の違いはなんでしょうか?報酬とは約束や契約に基づいて行った事に対する対価として受けるものです。恵みは受けるべきではない者が受けるからこそ恵みと言います。この恵みというのは受ける時の状態がとても大切です。なんでもしてもらって当たり前という甘えではなく、自分自身が受けるにふさわしくないと分かっている状態で尚注がれるから恵みとなります。受ける側が備えられていないとかえってその人をダメにしてしまう可能性もあります。 イエス・キリストが地上に来られた時、それはイスラエルの民は救い主を切望している時であり、バプテスマのヨハネを通しての悔い改めを受け止めていたタイミングでイエス様は公で福音を伝えました。 自分の弱さを知るからこそ神様が強く働いてくださることについて聖書には書かれていますが自分でなんでも出来ると思っていることと、自分には助けてくださる聖霊様がおられるから何でも出来るということは結果的に出来ると確信しているとしてもその根拠に大きな違いがあるのです。 ではこの恵みを受け止めていくためにはどうしたらいいでしょうか。イエス・キリストを自分の救い主として信じること、そして聖書を読む時にひとつひとつ気づきが与えられ、祈りのうちに神様の恵みを実感していくことが出来ます。日々の当たり前だと思っていたことにも感謝がわき上がるようになります。感謝だと思えないことにも感謝出来るように変えられていきます。主の恵みがどのように豊かに注がれているのかに気づいて、神様の愛をさらにいっぱい受け取って歩んでいきましょう。 [Read more...]

信仰の実~ルカ1:13-17

バプテスマのヨハネの父は祭司ザカリヤ、母はエリサベツという人物でした。エリサベツは不妊であったとありますがふたりは子どもが与えられるようにと祈り続けていたことが天使ガブリエルのことばから分かります。ふたりとももう高齢でしたが祈り続けていたのです。不可能と思えることを祈りによって受け取ったのです。 分別や常識というものはもちろん大切でしょう。しかし信仰がそのうえをいくことも主の導きの中で必要となる時があります。聖書を見ていくと未来完了形で書かれていることがとても多いことが分かります。メシヤ預言はまさにそうったものです。神様ご自身が時間と空間を作られたのですからその制限の外におられることが分かります。だからこそ主の御心は必ず成るという確信があるのです。 キリストの誕生と同じように預言されているのはキリストの再臨です。この誕生と再臨は聖書の中の2割強の文章量で記されている内容です。そしてその中に信仰によってつないでいく神様のご計画のバトンがあります。神様のご計画を受け止めて祈り備える人々がザカリヤとエリサベツ、またヨセフとマリヤのように主が語られた驚くべきことばを受け止め、従う人たちがそれぞれの時代において備えられていく必要があります。 それぞれの人生において神様がどのようなご計画を立てておられるのかを祈り求めること、また信仰によって祈るように導かれていることを信仰を持って受け止め直し、祈り続け、信仰の実を受け取る者、信仰の種を残す者ととなっていきましょう。 [Read more...]

バプテスマのヨハネに見る心~ヨハネ3:22-30

イエス・キリストの誕生を喜ぶと共に奇蹟的な誕生をしたもうひとりの人、バプテスマのヨハネのことをこの季節に考えていきましょう。すべての人の中で最も偉大とも言われたバプテスマのヨハネの心は人を自分につなげるとか勢力を拡大するとかではなく、イエス様の来られる道を整えるために悔い改めを説き、そして弟子達が勢力争いのようなことを意識した時もイエス様のもとに弟子達を送り、仕えるように言われたり、自分が衰えていく必要があることなどを明確に近くにいる人たちに伝えていきました。牢に入れられ、首をはねられるという地上での歩みの最後を迎えましたがイエス様が公生涯において歩まれるうえでとても重要な人物であったことに変わりはありません。また神様のご計画の中でこれほど従順に自分ではなく主の御心に従い抜いた人物はいないと思います。私たちは罪というものを認めようとしない性質を持ち合わせています。認めるとしても「あの人よりはまし」というどんぐりの背比べをしてごまかしたりしやすい者です。しかし旧約にも義人はひとりもいないとあるように自分の内面まで見ておられる神様の前に完全に立つことの出来る人はいません。主の憐れみとイエス様の恵みがなければそこに立つことは出来ません。そのために私たちは悔い改める心と主の愛を受け取る心を持つ必要があります。その備えをしたのがバプテスマのヨハネでした。ユダヤ人は十字架の出来事のあと頑なになりましたがそれによって異邦人に福音が解き放たれました。人の弱さすらも主は用いて御業を成してくださいました。主の前に砕かれた心を持って備えていきましょう。 [Read more...]