主の栄光の姿~マタイ17:1-8

イエス・キリストはこの地上に弱い赤ん坊として誕生してくださり、私たちと同じように成長の道を歩まれ、そして公生涯において福音を伝え、癒し、奇蹟、解放の御業を行われただけでなく、弟子達と共に歩まれ、その中で多くの真理を示されました。そんなイエス様の歩みの中で天の栄光の姿が湧き出てくるような場面があります。マタイによる福音書17章では変貌山とよく言われる出来事について記されています。高い山にペテロとヤコブ、ヨハネの3人だけを連れて行かれ、そこでイエス様の姿が変わり、衣も光のように輝き、モーセとエリヤと話し合うという出来事が起こりました。この事の前くらいからイエス様はご自身がキリストであることを弟子達に示し始められました。しかしそれと同時にそのことを人々に話さないようにとも言われました。それはそのことによって神様の思いとは違うメシア像を人々が抱き、曲解してしまわないためでした。そのような中でもご自身が救い主であることを語るだけではなく、その栄光の姿を弟子達に示されたのです。しかし弟子達はどのように受け止めたら良いか困惑しました。天からの神様の声はイエス様の声に従うようにと語られました。事実弟子達にはメシアに関しての混乱もありました。しかしそれを超えたところにある神様のご計画と励ましがありました。主の救いにあずかり、右にも左にも逸れることなく、まっすぐに主の備えて下さる道を歩んでいきましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る