死からいのちへの転換~Iコリント15:54-58

福音によって私たちに御国が近づいたこと、イエス・キリストを信じることによって天国へ行けるという良い知らせが世界に伝えられています。そしてそこにある重要なことは死からいのちへ移される。また転換されていくということです。
Iコリント15章に死のトゲは罪であり、罪の力は律法ですとあります。霊的な死は罪を生み出す土台となります。神様との関係が確立されていないので諦め、刹那的な思い、敗北感、挫折感、虚無感、また怒り、不満などに満ちています。どこかでこんなはずではなかったと思いつつも答えを主の中に見いだせない状態です。律法自体はいいものですが私たちの思考が律法的になっていく時、そしてその律法的な思いによって自分を裁いたり、他人を裁いたりし出すと罠にかかったような状態になってしまいます。
しかし、イエス様は死を打ち破り勝利してくださいました。私たちはそれゆえに堅く立ち、揺れ動かされることなく立つことが出来るようになるのです。失敗したと感じたとしても成長するための糧と出来るように変えられていくのです。最初からすべてのことに対して失敗しない人はいません。ですから失敗を過度に恐れずに主にあって励みましょう。私たちの思いを主の思いと一致させていきましょう。聖書が教えている価値観に転換していきましょう。思いが変えられる時に行動が変えられ、行動が変えられる時に生き方が変わってきます。変えられた生き方は周囲に良い影響を与えていきます。世の光地の塩としてより純度を増していきましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る