スティーブ・ジョブズ氏の悲報で思うこと

ネットニュースでアップルの創始者であるスティーブ氏の悲報を見てびっくりした。
ついこの前CEOから退いたニュースがあったばかりだったというのに
彼の功績は本当に大きいと思いました。
今では我が家にもMacとipadがありますし
身近なところに彼の発明があります。
完全に独自路線を貫いた彼のやり方はビジネスモデルとしてもすごかったと思います。
自分とほど遠い場所で起こったほど遠いニュースですが
自分の身近にも実は関係のあることなんだなと感じます。
そんなことを思いめぐらしながらふと思いました。
イエス様の十字架と復活は教科書にも出てくる。
クリスマスはみんな知ってる(キリストの誕生を祝う日というのを知ってるかどうかは別として
結婚式はキリスト教式が今でも一番人気がある。
ゴスペルは音楽ジャンルとして完全に確立されている。
でも
イエス様を自分の救い主として信じること
そのことによって救いを受け天国へ入ることが出来ること
もし頭で分かったとしても
なかなかハートで理解できない。
でも神様の恵みは私たちの周りにたくさん満ちている。
イエス様によって人生を変えられた人々の働きによる発明や技術で満ちている。
でもその本質を知りたいって本気で思ってる人ってどれくらいいるのでしょうか。
イエス・キリストは時代を変え
歴史を変え
そして私の人生をも変えて下さいました。
そしてこれからも多くの人々の人生を変えて下さると信じます。
そしてそれが
ひとりでも多くの人に
ほど遠いところで起こったほど遠いニュースではなく
自分の人生の大きな出来事となりますように!
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る