すべては神につながるため~週報より

表面的に見える言動と心の状態はなかなかわかりにくいものですがとても大切な繋がりがあります。

いくら慈善活動をしていてもその心が高ぶっていたり、

「オレっていいやつ!」的な状態だとせっかくいいことをしていても少し残念です。

もちろん何もしないよりはするほうがいいと思いますが神様は行動以上に心の状態をご覧になる方です。

心の状態が自己実現的な状態よりも神様と共に歩む心、砕かれた心、神様を見上げる心で歩む時に私たちの行動に深い意味や輝きが伴うようになっていきます。

とは言っても、神様のため~と思ってやっていたことが、

ある瞬間に自己中心だったなと気がつかされることもあります。

大切なことはその時々において自分のベストな精神状態を保っていくことです。

ちょっと落ち着いて自分の心を探るならば自分がかっこつけたいだけか誰かのために心から何かしようとしているか、

神様と共に心があるかは分かるものです。

私たちが精神的に成熟に向かっていく時、表面的な言動以上に私たち自身の心を知ることが重要になります。

日常生活のひとつひとつの場面の中でどういう心で過ごしているか。

日々神様の高み、深み、そしてその広さを感じて歩んでいくと同時に自分の足りなさを発見し、そんな自分を愛し、期待し、成長させて下さる神様と共にまた新しい一歩を歩み出していきましょう。

私たちが神様につながり、そして留まる時に私たちは成熟し続けることが出来ます。もっと愛せる自分に創り変えられていきましょう!

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る