聖霊の訪れ~使徒2:1-4

ペンテコステおめでとうございます。
主の時に聖霊が弟子達に降り初代教会の土台が据えられたと共に宣教の扉が大きく開かれました。主は私たちにも同じく聖霊を送ってくださいます。主を求め、心から歓迎し、喜び、そして従っていきましょう。

主は私たちのうちに聖霊様を通しての癒し、奇蹟、悪霊の追い出し、異言、預言、知識のことばなど多くの賜物も解き放たれていったり、より深みを増していきましたが内面的なものとしては主とのより親密な関係があると思います。主が共に歩んでくださっているという恵みの中に入れられていくのです。聖霊様に依り頼んでいく時に私たちの内面も深く触れられ、様々な気づきや、悔い改め、洞察が与えられたり、また主にあってチャレンジしていくことなどが出来るように心が強められたり、大胆になったりしていきます。

ペテロやパウロの姿を見ていくとその人格の特徴が麗しく成熟していっていることを見ることが出来ます。その姿は力強い証です。見せかけではなく本質的に私たちが主にあって透明にされ、造りかえられていく時にその体験的な証は大きな力となります。

祈り備え、従い、そして主と教会にしっかりとつながっていきましょう。主の御体なる教会として主の愛によって整えられ成熟した者達となっていきましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る