望みを抱く~ローマ12:12

ローマ12:12には、望みを抱いて喜び、患難に耐え、絶えず祈りに励みんさい、と書いてあります。患難のなかにあるとき、希望が見えない時に望みを抱くことも、喜ぶこともなかなか難しいことです。心が塞ぎ、暗闇のようになり、そのようなときに人からのマイナスな意見や嫌なこと、疲れることなどいろいろな事が重なったりすることも、多々ありますね。自分の力でプラスに考えよう、がんばろうと思って努力しても、喜ぶまではいきません。望みを抱いて喜ぶ、なんて、無理です!と叫んでしまいます。ですが、望みってなんでしょうか。私たちに誰にも解決出来ない問題が出て来たら、望みは主が働かれたときしか存在しません。神様に望みを抱くしかないその時、私たちは望みを抱き、主が解決して下さり導いて下さることを皆で喜びましょう!そして、今私たちが出来ることは、患難があっても希望の中で信仰を持ち、絶えず祈ることです。主に大胆に祈り求めていきましょう!いつも主を思い、祈り、聖霊様とともにいると、私たちは霊により力づけられ、内側からも変えられ、状況も変わっていくことも見ることが出来ます。いま、皆さんがどんな状況であっても、望みが沸き上がってくるように祈ります。そして希望を両手で抱いて下さい。望みが喜びとなり、力となり、絶えず沸き上がる祈りとなりますように。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る