よいものを見つける~Iテサロニケ5:16-21

私たちはなにかが気になり出すとその一点にとらわれやすい者です。他の部分には感謝すべきところが沢山あってもです。
例えば新しい服を着て出かけた後でほつれや汚れに気がついた時にその一点で浮かない気分になってしまったり、飲み物を買いにコンビニに入ったら自分の欲しかったものだけが売り切れていたりした時にブルーな気分になってしまったりといった具合です。
その背景には期待、思い込み、こだわりなどの要素があります。自分が思い描いていた通りに進んで満足する心です。つまりそこから減点された気分になった時にいかに切り替えることが出来るかということです。聖書には「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい」という有名な箇所があります。喜べないようなことが起こった時にどのようにして喜んだらいいのでしょうか?鍵は「絶えず祈りなさい」にあります。自分の思いを超えたところにある神様の思いを求めていく時に必ず道がそこにはあります。忍耐を身につけるというのは進んで誰もがしたくないかも知れませんがとても大切なことです。ひとつの計画が変わったからこそ全く違う神様の計画が見える時もあります。そしてこのみことばの続きには「すべてのことを見分けて、ほんとうに良いものを堅く守りなさい」とあります。自分の目ではなく、祈りのうちに神様の視点に近づけて見る時に「ほんとうに良いもの」というものがどんどんシンプルにされていきます。
主に信頼し、主に期待し、主に従っていきましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る