キリストの体としての一致~ローマ12:4-8

人に与えられた「個性」というものは素晴らしいものであると共に「多様性」というものの許容範囲が人によって認識が異なる側面があります。つまりどこまで個性が受け入れられるかということは文化や習慣、環境において変わるということです。しかし個性だからと言って犯罪行為を認めてしまえば多様性、個性を需要しなければならないという押しつけになり弱い立場の人たちは自分を守ることすら出来なくなります。そしてその立場も分野が変わると逆転します。同じスポーツ選手だからといってなんでも出来るわけではなく、野球のプロと水泳のプロは要求されるものが違いますし、同じ陸上というくくりの中ですら短距離選手と長距離選手に必要なトレーニングも求められる資質、つけるべき筋肉のタイプまで違うのです。見た目は似ていたりカテゴリーが近くてもそれぞれが違うのです。ではなにを持ってわたしたちはひとつとなることが出来るでしょうか?人が考えるのでは自分を基準としてしまうからです。神様は聖書を通して私たちがお互いの文化、習慣などの違いをおいてひとつになることについて記しています。旧約における律法というものも新約においてイエス様がまとめられました。それはユダヤ文化がいいとか違うとかではなく、すべての人が神様の愛を知り、キリストの贖いのゆえに救いを受け取るためです。違いを乗り越えるほどの愛がそこにあるのです。そしてイエス様ご自身は天の栄光を全て捨てて人として、しかも弱い赤ちゃんとして来てくださいました。与えられたキリストにある救いの恵みを今日も感謝し、明日も共に歩みましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る