成熟した人間関係~ローマ15:14-16

聖書の中の人間関係を見る時に色々な見え方がありますが鍵となるいつくかのものの中に「互いに」というキーワードがあります。この相互関係はどちらか一方的に我慢したりカバーするというものではなくどちらも成熟していく中で見えてくる関係がその先にあります。それは共依存でもなく、互いが存在するからこそ流れてくる麗しくちから強い関係です。それは夫婦関係のような親密な関係だけに留まらず、共にキリストの体としてひとつとされていくひとりひとりが目指すべき大きな課題です。
私たちはお互いの小さな違いに目を奪われたり、小さな違いで一致が難しくなる場面に遭遇したことが誰しもあると思います。しかし神様が言われているのはこのような関係において善意に溢れ、すべての知恵に満たされ、互いに訓戒しあうことが出来る関係を追求していくようにとパウロを通してローマ人への手紙の中に記されています。ただ一方的に受け入れるのではなく訓戒しあうことが出来るう関係は互いの信頼関係だけではなく成熟が必要です。相手の短所を責めるのではなくどうすれば受け入れることが出来るだろうかと言い方やタイミングにも注意する必要があるでしょう。そこに知恵が必要です。また善意がなければそのことばは正しくても鋭く人の心を傷つけてしまうこともあるかも知れません。波風を立てたくなくてなにも言わないというのは配慮ではなく面倒に巻き込まれたくないという思いから来ている結論かも知れません。聖書が教えているのはそのような事柄を祭司としての務めを果たしているとも教えています。それはとりなす者であり、時に導く者であるからです。互いにそのような者として認めあう時により成熟した関係を築いていくことが可能となります。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る