とっておきは最後にくる~週報より~

自分の希望やほしい物のイメージがはっきりしている人はどちらかというと少数派でどちらかというと今あるものに対してこれは違う。これも違う。ここが~だったらというダメだしをしつつ自分の本当の希望に近づいていく人が多いのではないでしょうか? 周りがいいと言うからとりあえずやって見ていいような気になるところから始まり、慣れてくるとここをこうするともっと良くなるというようにです。 つまり向上心を持ってなにかと関わる時にそこには洗練されたり、またより効率的になったり、より素晴らしくなる変化が生じます。 イエス様は旧約の律法を2つに要約するだけではなく、実際に救いの道を明確に開いて下さいました。 旧約の中で罪を犯さずに歩んだと胸を張って言える人物はいないと言っても過言ではありません。 おそらく人格的に本当に素晴らしい人物は多くいました。 それでも神様のきよさの基準、律法の基準には足りなかったのです。 そこで自分で自分の救いや義を完成出来ないことを痛感し、弱さを知り、ユダヤの民の飢え乾きがピークになっていた頃についに多くの預言者によって預言されていた救い主イエス・キリストの誕生~十字架復活と救いの道が開かれました。 そのすばらしさ、価値を知るのはより自分を知り、砕かれた人です。 自分の努力で得られないからこそ価値があります。 救いに努力は必要ありません。ただ信じて受け取ればいいのです。 タダというと街頭で配布されているチラシやティッシュのように感じるかも知れません。 しかし物の価値は価格ではなくそのものがどんな物かによります。 花粉症で困っていたらティッシュを喜んで受け取るでしょう。 キリストの救い、永遠の命は自分の存在意義や死んでどうなるか、 自分の内面にある罪、またそこからの救いや解放を求める心を持つ時に価値が分かるのです。 状況によらず信じることが出来ることは恵みです。 今キリストにある救いと命の価値を知り、その中に生きましょう! [Read more...]

すべては神につながるため~週報より

表面的に見える言動と心の状態はなかなかわかりにくいものですがとても大切な繋がりがあります。 いくら慈善活動をしていてもその心が高ぶっていたり、 「オレっていいやつ!」的な状態だとせっかくいいことをしていても少し残念です。 もちろん何もしないよりはするほうがいいと思いますが神様は行動以上に心の状態をご覧になる方です。 心の状態が自己実現的な状態よりも神様と共に歩む心、砕かれた心、神様を見上げる心で歩む時に私たちの行動に深い意味や輝きが伴うようになっていきます。 とは言っても、神様のため~と思ってやっていたことが、 ある瞬間に自己中心だったなと気がつかされることもあります。 大切なことはその時々において自分のベストな精神状態を保っていくことです。 ちょっと落ち着いて自分の心を探るならば自分がかっこつけたいだけか誰かのために心から何かしようとしているか、 神様と共に心があるかは分かるものです。 私たちが精神的に成熟に向かっていく時、表面的な言動以上に私たち自身の心を知ることが重要になります。 日常生活のひとつひとつの場面の中でどういう心で過ごしているか。 日々神様の高み、深み、そしてその広さを感じて歩んでいくと同時に自分の足りなさを発見し、そんな自分を愛し、期待し、成長させて下さる神様と共にまた新しい一歩を歩み出していきましょう。 私たちが神様につながり、そして留まる時に私たちは成熟し続けることが出来ます。もっと愛せる自分に創り変えられていきましょう! [Read more...]

神を知ることは知識のはじまり~週報より~

多様性のある今の時代は良い物と悪い物という風に簡単に別れる物事ばかりではありません。 しかしその中でよりベストな選択をしていくためにはなにが必要でしょうか?より正しい信頼出来る情報も大切でしょう。 そういった知識があれば私たちは多くの失敗から救われるかも知れません。 しかしもっと大切なことはその知識をどういう風に用いていくか。 道徳観念とかモラルの問題は知識の土台としてとても大切です。 ではどういう土台を築くのか。 神を知ることは知識の始まりと箴言の著者ソロモンは記しています。 彼は神様に知恵を求め、古今東西に並ぶ者がいないほどの知恵を与えられたと言います。 そのソロモンが神を知ることこそ知識の始まり、つまり知識を置く土台であり、知識の方向性を決める道しるべであるというのです。 どんなに熱心であってもその熱心さの方向がまちがっていてはとんでもない結果が待っています。 例えばノーベルはダイナマイトを発明しましたがそれは本来発破工事などに用いるためでした。 しかしそれが兵器に転用されると大惨事をもたらします。 ダイナマイト自体は良くも悪くもありません。 問題は用いる側の人間の問題です。 自分さえ良ければいいという発想で人を攻撃する時それは喧嘩から戦争へと発展します。 神を知り、神様が自分と同じように他の人達も愛しておられると理解したなら振り上げた拳をその人に振り下ろすことは出来ないはずです。 正しい神様の理解から知識を積み重ね、知恵も力も富も正しく取り扱うことが出来る成熟した器になっていきましょう。 [Read more...]