道・真理・いのち~ヨハネ14;6

イエス・キリストがご自身を指して言われていることばの中に道であり、真理であり、いのちです。という有名はことばがあります。これは多くある道ののひとつの道という意味や沢山ある真理の中のひとつという意味ではありません。救いに至る唯一の道であり、絶対的、普遍的な真理であり、永遠に続くいのちをその歩み、死、復活を通して与えることが出来ることを知ることはとても大切です。
様々な文化の中で多様な価値観があります。しかしイエス・キリストによる救いは人の考えたものではなく、神様が旧約聖書を通して罪や救いの必要なことを示し、その預言の成就としてイエス・キリストの誕生、十字架、復活、そしてそこから始まった教会の歩み、弟子達の宣教の歴史を見るときにそこに神様の思いを見ることが出来ます。そこに真理による自由があります。この自由はなんでも自由に振る舞っていいという自由ではなく、罪からの解放、つまり罪の奴隷となっている私たちがそこから解き放たれるということです。
神様の恵みを受け、罪から解放された人生を、イエス・キリストの語られたみことばに従い、その道に従っていく者とされていきましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る