日本伝道会議に向け関西聖書学院を訪問

本日、本学学院長他一名で、関西聖書学院(KBI)を訪問させて頂きました。
案件は今月の27~30日の日程で神戸で開催されるJCE6(第6回日本伝道会議)でのボランティア内容を確認のためです。
KBIと大阪聖書学院(OBS)の神学生たちは、JCE6当日、ポートライナーの市民広場駅周辺の案内、会場外での受付への誘導、不審者対策のための警備を担当することになっています。
授業後の貴重な時間を割いてくださったKBIの皆さんに感謝!

KBI訪問

KBI訪問

2016年度2学期が始まります。

長い夏季休暇が終り、9月13日から2016年度の2学期が始まります。
その前の週の木曜日、金曜日に大阪聖書学院ではワークデーがありました。

長い休暇中に伸びた庭の草木の刈り取りや、ほこりのたまった校舎や寮など掃除を教職員が一緒になって奉仕する日です。

今年は姉妹教会もう応援に来て下さった姉妹もいらっしゃって無事にワークデーを終えることができました。2学期も大阪聖書学院にかわらぬお祈り、ご厚誼賜りますようよろしくお願い致します。

寮の長ーい廊下の掃除

寮の長ーい廊下の掃除

今年は穴の開いた網戸の張替も行いました

今年は穴の開いた網戸の張替も行いました

夏の間に伸びた木の剪定も行います

夏の間に伸びた木の剪定も行います

 

2016年6月2日のチャペル

6月2日のチャペルではオンギジャンイ讃美宣教団が証しとメッセージをして頂きました。

同宣教団は韓国からの賛美チームで毎年、関西・大阪にツアーに来る際本学院の学生寮を利用されます。⇒「オンギジャンイ関西委員会のホームページ」

来週以降も兵庫県等で奉仕されます。同宣教団の働きが祝福されるようにお祈りいたします。

オンギジャンイ讃美宣教団

オンギジャンイ讃美宣教団

2016年5月31日のチャペル

2016年5月31日のチャペルでは本学院の非常勤講師でかつ、KGK(キリスト者学生会)の非常勤主事をされている平田裕介氏にお話しして頂きました。

チャペルでお話しされる平田氏

チャペルでお話しされる平田氏

2016年5月18~19日 女性のためのセミナー

大阪聖書学院では今日と明日の2日間、日本基督教団の牧師で、前キリスト者学生会主事の浅田美由紀氏を招いて女性のためのセミナーを行います。本学院の学生も然り、献身者の絶対数のが逓減する一方で、女性で献身を考える方の割合が増えています。このセミナーでは講師に献身するにあたって、女性ならではの留意点等を語って頂きます。(たとえば「外部の教会に招かれて行く際にはどのような服装で伺うべきか?」といったような質問一つとっても、男性講師では応えきられないことが多々あります。)このセミナーの受講者は女性に限られ、男子禁制です。

2016年5月18日19日セミナー 2016年特別セミナー

熊本震災ボランティアの報告

大阪聖書学院では今般の熊本地震に際しまして、姉妹教会から義援金を募り、また有志を募り、教職員3名、神学生4名を九州に2016年5月8~13日の日程で派遣いたしました。また、隣県の鹿児島より、姉妹教会の牧師1名、信徒1名を合流し、総勢9名で熊本入りをしてボランティア活動に従事致しました。

当初九州キリスト災害支援センターを通じての活動予定でしたが、期間中にあった集中豪雨等の影響もあり、拠点を「益城エリムキリスト教会」「NPO法人九州ラーメン党」に変更して活動させて頂きました。

教派は違えど、今回のボランティアチーム内に同教会の代表である濱野龍郎氏と同郷(種子島)のメンバーがおり、今回このような良い協力関係を持たせて頂いたこと、大変うれしく思います。

また、結果として、最も深刻な被害のあった地域の一つ益城町で活動に携わることができたこと、地元の教会の信頼関係を援用して幾分かでも地域のニーズに沿ったボランティアが出来たこと、本当に神様の摂理のうちに感謝しています。

被災地入りしていた間にした主なボランティア活動

  • 益城町内での炊き出し(ラーメン)活動の補助
  • ボランティアメンバーに鍼灸師の有資格者がおり、当該メンバーを通じての被災者のケア
  • 震災後の集中豪雨による削れた町内の水路ののり面への土嚢積み
  • 入院患者の再受け入れ準備中の精神科病院への飲料水の搬入
  • 今回の震災による犠牲者遺族のご家庭のガレキの後片付け
  • ダンプカードライバー経験者による町内指定箇所への廃材の運搬作業

等々多岐に渡る活動をすることができました。

大阪聖書学院では今後とも九州キリスト災害支援センター等を通じて継続的にボランティア活動をすることを検討しています。最後になりましたが、今回の活動のために大阪聖書学院に義援金をお寄せいただいた兄弟姉妹、また、心を寄せてお祈りくださった兄弟姉妹に感謝いたします。

飲料水の搬入先の益城病院で

飲料水の搬入先の益城病院で

ボランティアの合間現地の方と

ボランティアの合間現地の方と

ボランティア活動を終えて益城町を去る際に

ボランティア活動を終えて益城町を去る際に

 

新年度スタート(青木偉作氏講義)

大阪聖書学院の2016年度がスタートしました。また、今年から新たに4名の非常勤講師をお迎えしました。そのうちのお一人が青木偉作先生です。

「ヘブライ語Ⅰ」を担当して下さいます。氏はヘブライ大学に学ばれ、イスラエルの観光ガイドのライセンスも持っておられるユニークな経歴の持ち主であられます。

講義する青木偉作氏

講義する青木偉作氏

 

新年度スタート(森田悦弘氏講義)

大阪聖書学院の2016年度がスタートしました。また、今年から新たに4名の非常勤講師をお迎えしました。そのうちのお一人が森田悦弘先生(日本同盟基督教団蛍池聖書教会牧師)です。先生は関西聖書神学校でも教鞭をとっておられ、かつては大阪キリスト教短大などでも教えておられました。大変多忙な中、本学院でもクラスを持ってくださっています。

講義する森田氏

講義する森田氏

新年度スタート(平田裕介氏講義)

大阪聖書学院の2016年度がスタートしました。また、今年から新たに4名の非常勤講師をお迎えしました。そのうちのお一人が平田裕介先生(キリスト者学生会関西地区非常勤主事)です。

「神学英語」を担当して下さいます。神学で用いられる専門単語は日常会話で使う意味とは全く違うものがあります。また、日本語で難解な用語も英語に触れることでその理解を深めることができます。

講義をする平田氏

講義をする平田氏

新年度スタート(高木実氏講義)

大阪聖書学院の2016年度がスタートしました。また、今年から新たに4名の非常勤講師をお迎えしました。そのうちのお一人が高木実先生(キリスト者学生会北陸地区非常勤主事・前総主事)です。

「聖書的世界観」を担当して下さいます。氏が永年奉職されているキリスト者学生会でも語られている「全生活を通しての証」をするためにキリスト者が持ち合わせていなければならない必須な非常に大きなテーマを一年間通じて講義して頂きます。

講義する高木実氏

講義する高木実氏