第56回たねまき会開催される

大阪聖書学院 第56回たねまき会を11月2(金)~3日(土)に行ないました。

今年のたねまき会は、コロサイ信徒への手紙3章13節『互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい(新共同訳)』という聖書の言葉から、「赦し合って生きる」というテーマで、近藤紘子氏をお招きしました。

近藤紘子氏は1945年8月6日、生後8か月の時、爆心地近くの広島流川教会の牧師館で被爆されました。今回は被爆者として歩まれた貴重な経験から、テーマに基づき「平和を作り出す人たち ~心の中に平和を~」という題でお話を聴くことができました。

 また、一日目には「赦しがたい罪をも赦す神」という題で大東キリストチャペルの田口望氏から、二日目の朝は「赦しの福音」という題で第一キリスト教会牧師、前大阪聖書学院学院長の中野卿代氏から御ことばを取り次いでいただきました。

全国各地から114名が集まり、今年も祝福された会となりました。

今年のたねまき会の講演記録DVDも有償でお譲りします。詳しくは学校事務まで。

近藤紘子さん講演会

MB宣教センター開所式

新しくなったメノナイトブレザレンの宣教センター(同センター内に神学校があります)と石橋キリスト教会の開所式に、本学院の教員3名と学生1名が出席しました。

同校の祝福をお祈り致します。

石橋キリスト教会新会堂

石橋キリスト教会新会堂

MB宣教センター

MB宣教センター

沖縄からの逆講義

普段、大阪からスカイプを通して沖縄の通信教育課程(特別研修課)の学生に講義が行われますが、今回学院長が出張の為、出張先の沖縄から本科生へと、いつもとは逆のスカイプ講義が行われました。

沖縄から逆講義

沖縄から逆講義

 

2018年度たねまき会のご案内

今年も大阪聖書学院では御言葉と賛美の集い「たねまき会」を行います。
第56回、今回は『赦し合って生きる』をテーマに、近藤紘子氏をお招きしてお話を頂く予定です。

第56回たねまき会

赦し合って生きる」

互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。

(コロサイの信徒への手紙3:13/新共同訳)

◆田口望氏
(大東キリストチャペル伝道者)
◆中野卿代氏
(伊丹第一キリスト教会牧師)
◆近藤紘子氏
(日本基督教団 三木志染教会)

(講演順)

今年度のたねまき会のタイムテーブル

◆11月2日(金)

17:30 受付開始
19:00 讃美礼拝
19:45 説教(田口望氏)
20:30 閉会

 一日目プログラム終了


◆11月3日(土・祝)

9:30 賛美礼拝
10:15 コーヒーブレイク
10:45 説教(中野卿代氏)
11:30 写真撮影
12:00 昼食
13:30 講演(近藤紘子氏)
15:00 閉会

10月14日(日)までに大阪聖書学院へお申込みください。

第56回たねまき会のご案内

第56回たねまき会のご案内

クリスチャン新聞髙橋編集長来校

去る9月20日、クリスチャン新聞の髙橋編集長が本学院を来校されました。
最近のクリスチャン新聞の記事を引用しながら
現代日本社会において立場は違っても
クリスチャンであるという共通項に立ってともに考え祈るべき話題を講義してくださいました。
普段学んでいる聖書が21世紀の日本社会という文脈でどのように
受け入れられ、昇華され、時には摩擦を生むのかを考える
良い機会となりました。
クリスチャン新聞髙橋編集長

クリスチャン新聞髙橋編集長

2018ワークデイ

台風21号によって大阪聖書学院でも渡り廊下の屋根が飛んだり
隣家の屋根が強風で学院敷地内に飛来したりと若干の被害はありましたが
大事なく、また人的な被害はありませんでした。
幸いにしてその翌日の9月6、7日 大阪聖書学院ではワークデーが行われましたので
飛散した災害ゴミの撤去作業を行いました。
また、小野キリストの教会から兄弟が駆け付け、菅野ホールの「舞台端」の部分の修などをしていただきました。
大阪聖書学院の2学期も祝福されますようお祈りください。
ビワの木の剪定

ビワの木の剪定

小野教会の兄弟が菅野ホールの改修を

小野教会の兄弟が菅野ホールの改修を

渡り廊下の屋根が飛ぶ

渡り廊下の屋根が飛ぶ

隣家の屋根材が飛来

隣家の屋根材が飛来

 

第69回キリストの教会全国大会・岡山

去る2018年8月1日~3日、第69回キリストの教会全国大会が岡山県美作市において開催されました。大阪聖書学院の教職員、学生も参加し、「キリストの教会」の姉妹教会の兄弟姉妹の皆さんと親交を深めることが出来ました。

全国大会で登壇する本学学生

全国大会で登壇する本学学生

オンギジャイン讃美宣教団来校

大阪聖書学院では毎年、韓国からの賛美宣教チーム「オンギジャンイ」を受け入れ、寮を一部開放し、宿泊場所を提供しています。彼らが大阪近郊の教会、ミッションスクールなどに招かれて宣教ツワーをする際、ここを足掛かりにしています。
平日の午前中、彼らの宣教ツワーがオフであった時に、オンギジャンイの皆さんが、大阪聖書学院のチャペルに参加して下さり、幸いな証しを賛美を披露して下さいました。また、チャペル後中庭で記念撮影し、プロマイド写真やCDをプレゼントして頂きました。

学生たちも証しと賛美を聞くことによって、霊の糧を得ることができました。

オンギジャイン、チャペルで讃美

オンギジャイン、チャペルで讃美

オンギジャインと中庭で記念撮影

オンギジャインと中庭で記念撮影

2018年OBSデー近江八幡

2018年度のOBSデー(構外学習、ありていに言えば遠足)は5月31にに学生、教職員関係者で近江八幡を訪れました。そして、昨今話題になっている、ウィリム・メリル・ヴォーリスの足跡を皆で辿りました。教会をはじめ、多くの建築物を設計し、そのいくつかは国や地方自治体の重要文化財として登録されています。何を隠そう、我が大阪聖書学院の校舎マデンビルもヴォーリス事務所の設計です。

現地で案内して下さったのはヴォーリス記念館館長で、本学学院長の岸本と同じ紀南キリスト教会出身の藪秀実氏でした。

氏の特別な計らいで普段は非公開のヴォーリス建築を見せて頂きました。また、ヴォーリスが宣教師の町軽井沢で超教派的ななつながりを持っていたことや、教会以外にも百貨店や郵便局、病院や洋館などいろいろな建築物を手掛けていたことなど、更にはキリストの教会の宣教師との手紙のやり取りなどいろいろな事を教えて頂きました。

ヴォーリス記念館

ヴォーリス記念館

ヴォーリスについて講演する藪秀実氏

ヴォーリスについて講演する藪秀実氏

ウォーターハウス記念館にて

ウォーターハウス記念館にて

ウォーターハウスの模型

ウォーターハウスの模型

アンドリュース記念館にて

アンドリュース記念館にて

近くの小料理屋じゅらくで昼食

近くの小料理屋じゅらくで昼食