週報より

  愛ということばについて私たちの持つ印象は様々あります。日本語で愛と書くとその幅はすごく広いのですがギリシャ語では愛という意味を表すために、3つの種類が分けて使われます。   性的愛を示すエロース、兄弟愛,両親への愛,友情,好みなどを示すフィレオー、そして神的,自己犠牲的,他者中心的な愛という意味を持つアガペーです。私たちが一般的に用いる愛は多くの場合はフィレオーが多いでしょう。好きだから~とか自分の家族だから~とかかわいいから~とか砕いていくと「だからの愛」とも言えるでしょう。それと比較してアガペーの愛は「それでもの愛」と表現出来ると思います。神様はエデンの園から始まって旧約を通し裁きよりも愛と赦しを優先されました。そこには資格がなくても、それでも赦し愛する神的な愛があり、イエス・キリストの誕生~十字架での購いは自己犠牲的かつ他者中心的な愛という表現がふさわしいでしょう。この愛と忍耐ゆえに私たちは自分の行いに関係なく、まず信じることによって赦しを得て、天国への切符を手にすることが出来ます。もし行いが必要なら行うために必要な体力や知識、また行動出来る健全な肉体がないと救いを達成することは不可能になるでしょう。施しが必要であれば裕福でなければ救われなくなってしまいます。すべての人に平等に救いへの道を示すために神様は神様にしかできない方法でその道筋を整えられました。 神様の愛の深さ広さ高さは私たちが生涯かかっても理解しきることは不可能かも知れません。しかし愛して下さる方の愛に自分に出来る精一杯の愛で応え、感謝に溢れて生かされていきましょう! [Read more...]

週報より~慰め強めてくださるお方~

自分の力でどうにもならないと感じる壁や試練を体験したことは多くの方が体験していると思います。そういった時にはちょっとした励ましや支えがものすごくありがたく感じれたり、また解決のために力を貸してくれる存在が与えられた時は一生忘れないくらい感動したのではないでしょうか。ここで私たちが誰しも通る可能性のある。むしろ通るべき困難な道を考えていきたいと思います。努力が報われない時、また正当に評価されない時、さらにその努力を続けることは困難になる場合があると思います。また正直であるばっかりに損をすることもあるでしょう。どちらのケースもうわべを取り繕えばいいと思うかも知れません。しかし自分の心に嘘がつけない。また神様がすべてご存じだからといった思いからまっすぐ歩もうとする時に時に疲れ、挫折感を感じだり、虚しくなることもあるでしょう。しかし自分の道を神様の前に真っ直ぐ保とうとする時に主は慰めを与え、そして強めて下さるお方です。遅いと感じることがあっても忍耐の先に主の慰めがあることを体験することが出来るでしょう。パウロはテサロニケの教会の人々にあらゆるよいわざとことばに進むように勧め、そしてその心を主が慰め、強めて下さいますようにと祈っています。良いわざとことばに進むために慰めと力、つまりバイタリティが必要なことをパウロは知っていました。そこで周りと見比べれば損をしているように感じることもあるでしょう。しかし視点を上に変えるならば神様はそのわざとことばをよしとして下さいます。決してそれは忘れ去られることはありません。主の前に誠実に歩む時に私たちの人生は明るくすがすがしいものになるでしょう。主の慰めと力を受けてまっすぐな歩みをしていきましょう。 [Read more...]

週報より~真理を喜ぶ者になろう~

聖書には黙示録をはじめ世の終わりに関する記述が多くあります。IIテサロニケ2章にもそういったものがありますがそこには背教が起こること、また自分こそ神であるという者が現れ、すべての礼拝されるものに反抗し自分を高くあげるもあります。またそういったものに惑わされる者が多くいること、真理を信じないで悪を喜んでいたすべての者が裁かれるとあります。悪を喜ぶとはどういうことでしょうか?それは死んだらなにもない。なにもないならどんなことをしてでも自分が楽しければいいというような刹那的な考えや自己中心的な思いから来る良心の麻痺です。私たちの心が疲れ、諦め、硬直化してしまうと本当にすさんだ状態になってしまうでしょう。そこには境遇の問題、環境の問題など外部からの問題も少なからず影響していると思います。しかし最終的に決断するのは自分自身に他なりません。いくら責任を転嫁しようとしても自分の決断であることには変わりはありません。私たちはどのような時にも真理に立ち続ける者となるべきです。初代教会も折れそうな心を互いに励まし合い、支え合い多くの艱難を乗り越えていきました。問題以上に神様に注目していました。私たちもそういった素晴らしい信仰の偉人たちに学び、そして習うべきです。惑わされることなく、イエス様から目を離さないような堅実で真理を求めそして真理を喜び、真理に生かされる者とされていきましょう。 [Read more...]