正しさとは愛から生まれる仕える自由

マタイの福音書3章13-17節より

土山みことばキリスト教会

2024年2月18日

<聖書>

さて、イエスは、ヨハネからバプテスマを()けるために、ガリラヤからヨルダンにお()きになり、ヨハネのところに来られた。
しかし、ヨハネはイエスにそうさせまいとして、言った。「私こそ、あなたからバプテスマを()けるはずですのに、あなたが、私のところにおいでになるのですか。」
ところが、イエスは答えて言われた。「今はそうさせてもらいたい。このようにして、すべての正しいことを実行(じっこう)するのは、わたしたちにふさわしいのです。」そこで、ヨハネは承知(しょうち)した。
こうして、イエスはバプテスマを()けて、すぐに水から上がられた。すると、天が開け、(かみ)御霊(みたま)(はと)のように下って、自分の上に来られるのをご(らん)になった。
また、天からこう()げる声が聞こえた。「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを(よろこ)ぶ。」

(マタイの福音書(ふくいんしょ)3章13-17節)

<説教>

バプテスマのヨハネがユダヤの荒野(あらの)(つみ)()(あらた)めを語り、(つみ)に苦しむ大勢(おおぜい)の人たちにヨルダン川で洗礼(せんれい)(さず)けました。

そして、イエス様がヨハネから洗礼(せんれい)()けるためにヨルダンに来られました。なぜ、(つみ)なきイエス様が洗礼(せんれい)()けられたのでしょうか。

しかし(さだ)めの時が来たので、神はご自分の御子(みこ)(つか)わし、この方を、女から生まれた者、また律法(りっぽう)の下にある者となさいました。これは律法(りっぽう)の下にある者を(あがな)()すためで、その結果、私たちが子としての身分(みぶん)()けるようになるためです。

(ガラテヤ人への手紙4:4-5

イエス様はユダヤ人として、八日目の割礼(かつれい)や、モーセの律法(りっぽう)を守り、正しく生きることに(つと)められました。そして、律法(りっぽう)を守るだけでなく、律法(りっぽう)刑罰(けいばつ)までもお()けになったのです。律法(りっぽう)(やぶ)った者が()けるべき刑罰(けいばつ)を、イエス様は身代(みが)わりとなられて十字架(じゅうじか)の上で命を(ささ)げられました。

神は、(つみ)を知らない方を、私たちの()わりに(つみ)とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の()となるためです。

(コリント人への手紙第二5:21

唯一(ゆいいつ)まことの神を信じていたユダヤ人にとって正しいこととは、神の律法(りっぽう)を守ることでした。

そんな彼らに、神さまは、(むく)いを(もと)めず、すすんで行う心からの愛をもって(あた)えなさいと言われました。またイエス様の弟子(でし)パウロも次のように書いています。

キリスト・イエスにあっては、割礼(かつれい)()ける()けないは大事なことではなく、愛によって(はたら)信仰(しんこう)だけが大事なのです。

(ガラテヤ人への手紙5:6

ユダヤ人として生きるための割礼(かつれい)律法(りっぽう)を守ること、洗礼(せんれい)さえ、人を新しく(つく)()えることはできません。

最初(さいしょ)の人アダムの(つみ)によってすべての人間は(つみ)をもって生まれてきます。人間は神に(したが)うべき善悪(ぜんあく)基準(きじゅん)()てて、善悪(ぜんあく)自分勝手(じぶんかって)に決めて生きていると聖書(せいしょ)は言っています。

神の前に正しく生きるためにはイエス・キリストを(しん)じることだけが必要なのです。

こうして、イエスはバプテスマを()けて、すぐに水から上がられた。すると、天が開け、神の御霊(みたま)(はと)のように下って、自分の上に来られるのをご(らん)になった。また、天からこう()げる声が聞こえた。「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを(よろこ)ぶ。」

(マタイの福音書3:16-17

すべての人の(つみ)のために十字架(じゅうじか)に向かわれるイエス様の(おおやけ)生涯(しょうがい)が始まりました。父なる神さま、聖霊(せいれい)なる神さまが、イエス様と共にいてくださいます(三位(さんみ)一体(いったい)の神さま)。正しく生きようとするイエス様を愛して(よろこ)ばれるのです。

十字架(じゅうじか)であなたのために死んでくださったイエス様を心から感謝(かんしゃ)して生きるとき、あなたは決してひとりではないことがわかるでしょう。神の目から見たあなたの(とうと)価値(かち)を知るでしょう。愛と力が(あた)えられ、(よろこ)びがあふれてきます。

ユダヤ教の(いち)分派(ぶんぱ)であったキリスト教がなぜ世界(せかい)宗教(しゅうきょう)(ひろ)がったのでしょうか。

それは(たん)に神の律法(りっぽう)(まも)る正しい生き方以上の、神の(めぐ)みが明らかにされたからです。キリストの十字架(じゅうじか)代償(だいしょう)の死とよみがえりが、本物の愛だからです。

ただ、よい行いをすることが人生の最高(さいこう)の目的ではなくなったのです。イエス様を愛することが、すべての理由(りゆう)(みなもと)となったからなのです。

(いつわ)りの自由、罪深(つみぶか)い生活から、イエス様を(しん)じたら、(つみ)から自由にされ、神さまに(したが)って生きていきたいと変えられます。これ以上の奇蹟(きせき)があるでしょうか。しかし、(しん)じるならば(だれ)もがこの素晴(すば)らしい奇蹟(きせき)()()れるのです。

信仰の成長を目指して

コリント人への手紙第一3章1-9節より

土山みことばキリスト教会

2022年11月27日

<聖書>

さて、兄弟(きょうだい)たちよ。私は、あなたがたに()かって、御霊(みたま)(ぞく)する人に(たい)するようには(はな)すことができないで、(にく)(ぞく)する人、キリストにある幼子(おさなご)(たい)するように(はな)しました。私はあなたがたには(ちち)(あた)えて、(かた)食物(しょくもつ)(あた)えませんでした。あなたがたには、まだ無理(むり)だったからです。(じつ)は、(いま)でもまだ無理(むり)なのです。あなたがたは、まだ(にく)(ぞく)しているからです。あなたがたの(あいだ)にねたみや(あらそ)いがあることからすれば、あなたがたは(にく)(ぞく)しているのではありませんか。そして、ただの人のように(あゆ)んでいるのではありませんか。ある人が、「私はパウロにつく」と()えば、(べつ)の人は、「私はアポロに」と()う。そういうことでは、あなたがたは、ただの人たちではありませんか。アポロとは(なん)でしょう。パウロとは(なん)でしょう。あなたがたが信仰(しんこう)に入るために(もち)いられたしもべであって、(しゅ)がおのおのに(さず)けられたとおりのことをしたのです。私が()えて、アポロが水を(そそ)ぎました。しかし、成長(せいちょう)させたのは(かみ)です。それで、たいせつなのは、()える(もの)でも水を(そそ)(もの)でもありません。成長(せいちょう)させてくださる(かみ)なのです。()える(もの)と水を(そそ)(もの)は、一つですが、それぞれ自分(じぶん)自身(じしん)(はたら)きに(したが)って自分(じぶん)自身(じしん)報酬(ほうしゅう)()けるのです。私たちは(かみ)協力者(きょうりょくしゃ)であり、あなたがたは(かみ)(はたけ)(かみ)建物(たてもの)です。

(コリント(じん)への手紙(てがみ) 第一(だいいち)3章1-9節)

<説教>

コリント教会(きょうかい)信徒(しんと)たちは、キリストを信じて御霊(みたま)()けていましたが、御霊(みたま)(ぞく)するのではなく、(にく)(ぞく)していました。つまり、御霊(みたま)に従ってではなく、自分の人間的な力によって、神の(ねが)う人になろうとしていたのです。

コリント教会(きょうかい)分裂(ぶんれつ)して、分派(ぶんぱ)をつくって(たが)いに敵対(てきたい)していました。パウロはそのことによって、彼らが御霊(みたま)ではなく、自分の(にく)(ぞく)しているとわかりました。御霊(みたま)によって生きるなら、一致(いっち)和合(わごう)があります。しかし、(にく)に従うなら、分裂(ぶんれつ)分派(ぶんぱ)敵対(てきたい)(しょう)じます。

(にく)の行いは明白(めいはく)であって、次のようなものです。不品行(ふひんこう)(けが)れ、好色(こうしょく)

偶像(ぐうぞう)礼拝(れいはい)魔術(まじゅつ)敵意(てきい)(あらそ)い、そねみ、(いきどお)り、党派(とうは)(しん)分裂(ぶんれつ)分派(ぶんぱ)、」

(ガラテヤ5:19-20

キリストを(しん)じて(すく)われた後も信仰(しんこう)成長(せいちょう)必要(ひつよう)です。信仰(しんこう)成長(せいちょう)とはどういうことを言うのでしょうか。みことばを(おぼ)え、祈りに励み、奇跡や癒しを行い、奉仕や献金を多く捧げることでしょうか。コリント教会(きょうかい)信徒(しんと)はまさにそのようでした(Ⅰコリント12)。

しかし、信仰(しんこう)成長(せいちょう)は、(あい)することにおいて成長(せいちょう)しているかどうかなのです。キリストを(しん)じて、信仰(しんこう)の歩みを始めて、あなたは去年より(あい)する者に変えられているでしょうか。御霊(みたま)によって神を(あい)して、人を(あい)する者とされることこそが、信仰(しんこう)成長(せいちょう)なのです。

様々の御霊(みたま)賜物(たまもの)()けても、そこに(あい)がないならまったく価値(かち)がないのです。

「たとい、私が人の異言(いげん)や、御使(みつか)いの異言(いげん)で話しても、(あい)がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。また、たとい私が預言(よげん)賜物(たまもの)を持っており、またあらゆる奥義(おうぎ)とあらゆる知識(ちしき)とに通じ、また、山を動かすほどの完全な信仰(しんこう)を持っていても、(あい)がないなら、何の()うちもありません。また、たとい私が持っている物の全部を(まず)しい人たちに()(あた)え、また私のからだを()かれるために(わた)しても、(あい)がなければ、何の役にも立ちません。」(Ⅰコリント13:1-3)

兄弟(きょうだい)たち。あなたがたは、自由(じゆう)(あた)えられるために()されたのです。ただ、その自由(じゆう)(にく)(はたら)機会(きかい)としないで、(あい)をもって(たが)いに(つか)えなさい。」(ガラテヤ5:13)

キリストの十字架(じゅうじか)(ゆる)しをいただいて、神の(あい)感謝(かんしゃ)して、父なる神を見上げ、人を(てき)競争(きょうそう)相手(あいて)としてではなく、(あい)する存在(そんざい)として生きる者に変えられていきます。

(ふる)い自分を十字架(じゅうじか)に付けて、御霊(みたま)支配(しはい)にゆだねるなら、み言葉を通して御霊(みたま)(はたら)らかれ、(つみ)(けが)れがきよめられ、キリストに()た者に変えられていきます。それは御霊(みたま)()として(むす)ばれていきます。

「しかし、御霊(みたま)の実は、(あい)(よろこ)び、平安(へいあん)寛容(かんよう)親切(しんせつ)善意(ぜんい)誠実(せいじつ)柔和(にゅうわ)自制(じせい)です。このようなものを(きん)ずる律法(りっぽう)はありません。

キリスト・イエスにつく者は、自分の(にく)を、さまざまの情欲(じょうよく)欲望(よくぼう)とともに、十字架(じゅうじか)につけてしまったのです。

もし私たちが御霊(みたま)によって生きるのなら、御霊(みたま)(みちび)かれて、(すす)もうではありませんか。」(ガラテヤ5:22-25)